FC2ブログ

永遠の夢に向かって『プラトーン』

 

『プラトーン』

『プラトーン』















Bunny-0.jpg
Platoon (1986) m720p















Platoon 1986
















































『プラトーン』(Platoon)は、1986年公開のアメリカ映画。製作会社はオライオン・ピクチャーズで、監督・脚本はオリバー・ストーン。出演はチャーリー・シーン、トム・ベレンジャー、ウィレム・デフォー。第59回アカデミー賞 作品賞、第44回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。タイトルの「プラトーン」は、軍隊の編成単位の一つで、30名から60名程度で構成される小隊の意味である(本来の発音に近い表記はプラトゥーンである)。1970年代の「ディア・ハンター」や「地獄の黙示録」に次いで、1980年代にベトナム戦争を描いたオリバー・ストーンの代表作である。ベトナム帰還兵であるオリバー・ストーンが、アメリカ陸軍の偵察隊員であった頃の実体験に基づき、アメリカ軍による無抵抗のベトナム民間人に対する虐待・放火、虐殺や強姦、米兵たちの間で広がる麻薬汚染、仲間内での殺人、誤爆、同士討ち、敵兵に対する死体損壊など、現実のベトナム戦争を描く。アメリカ国内だけで予算の20倍を超える1億3800万ドルの興行収入を記録した。1967年のベトナム共和国(「南ベトナム」)。白人のクリス・テイラーは自分と同年代の、しかも少数民族や黒人・貧困層という、アメリカ合衆国の底辺層である若者が、職業と現金を求めて、次々とアメリカ軍に入隊していく現実に憤りを覚え、両親の反対を押し切って大学を中退して、アメリカ陸軍に志願、ベトナム戦争の戦場へやってきた。しかし、南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)のゲリラ戦に悩まされ、鬱蒼とした密林のジャングルで対峙する戦場の過酷さは、彼の想像を遥かに超えるものであり、現地に配属された当日に、自身の正義ぶった決断を後悔する。クリスは、カンボジア国境付近に駐屯するアメリカ陸軍第25歩兵師団のある小隊に配属される。そこは、まさに戦鬼と化した鬼軍曹バーンズと、まだ人間らしさを残したエリアス軍曹が取り仕切る小社会だった。クリスはその中で黒人と白人の混成部隊が分け隔てなく時に敵と戦い、時に戦友たちと大麻を嗜み、徐々に小隊、兵隊生活、そして戦争になじんでいく。だが、戦争はさらに過酷さを増し、ベトコンの罠ばかりか、味方の同士討ちまでもが小隊を襲う。戦友は次々と倒れ、生き残った戦友たちの中には、現地民間人に手を出すものまで現れ、彼らの処遇を巡ってバーンズとエリアスの対立は決定的な破局を迎えた。エリアスは民間人を殺害しようとしたバーンズを軍法会議に告発しようと考えていたが、バーンズは戦場の混乱の中でエリアスを殺害して口を封じる。クリスは、バーンズの態度から彼がエリアスを殺したことを察知し、仲間たちに報復を呼びかけるが、彼らはバーンズに一喝されて尻込みしてしまう。それから数日後、ベトコンの大部隊が夜襲を仕掛け、クリスたちは戦場で敵に囲まれてしまう。司令部にもベトコンが攻撃を仕掛け、指揮官は司令部ごとベトコンを空爆するように指令を出し、クリスたちは味方の空爆に巻き込まれてしまう。翌朝、負傷したものの空爆を生き延びたクリスは、同じように重傷を負っていたバーンズを見付け射殺する。クリスは味方の部隊に救出され、戦場を後にする。




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif