永遠の夢に向かって東京ミッドタウン日比谷

 

東京ミッドタウン日比谷

東京ミッドタウン日比谷















Toky01806_convert_20180624220246.jpg
















東京ミッドタウン日比谷





































東京ミッドタウン日比谷(Tokyo Midtown Hibiya)は、東京都千代田区有楽町一丁目にある複合施設である。開発・運営事業者は三井不動産、建設工事は鹿島建設が請け負った。2018年3月29日に開業した。映画館や劇場に隣接した地区で、日比谷三井ビルディング(旧三井銀行本店)と三信ビルディングの跡地を再開発し建設された。地上35階建て(高さ約192メートル)、延べ床面積は約18万9000平方メートル。賃貸オフィス(34階〜9階)や、大企業とベンチャー企業の連携を促すインキュベーション施設に加えて、商業施設部分(地上7階〜地下1階)に全60店のテナントが入る。三井不動産はビジネスだけでなく、"日比谷地区"の文化的価値を高める拠点とする意向を表明している。野外には日比谷の賑わいの中心となる日比谷ステップ広場、4〜5階に映画館「TOHOシネマズ日比谷」、6階には日比谷公園を一望するパークビューガーデン、9階にはオフィスロビーがある。地下のアーケードをアールデコ様式にするなど、三信ビルディングの意匠を一部取り入れている。またビルの外観に曲線を使った「ダンシングタワー」というコンセプトは、近くの内幸町にかつて存在し、舞踏会が多く開かれた鹿鳴館を意識している。マスターデザインはホプキンス・アーキテクツが担当した。建設中の仮名称は「新日比谷プロジェクト」であった。商業フロア全体としてはコンセプトとして“THE PREMIUM TIME, HIBIYA”を掲げていて、 著名アーティストの監修や企業間のコラボレーションにより誕生したショップや、日本初6店舗、新業態22店舗を含む計60店舗の個性的な店舗が入居した都市型ショッピングセンターである。特に、商業フロアの共用部は「劇場空間都市」をデザインコンセプトとし、従来より少し高めの年齢層をターゲットとしていることから、落ち着いた大人の雰囲気を表現すべく、従来の大規模商業施設と異なり、白ではなくクリーム色を基調とした照明と壁色になっている。また地下のアーケードは、以前の三信ビルディングをモチーフとした、レトロなデザインで構築されている。

日比谷(ひびや)は、東京都千代田区にある地域名である。有楽町から内幸町にかけた日比谷通り周辺一帯を指す。「日比谷駅」「日比谷公園」「日比谷濠」などにその名称が見られる。徳川幕府が江戸城を拠点にして以降は付近で湿地帯の埋立てが進み、のどかな漁村が整然とした大名屋敷の並ぶ町並みに変貌していった。明治維新以降は、日本初の西洋式ホテルである帝国ホテル、鹿鳴館、東京府庁や社交クラブの東京倶楽部などが建設され、近代化を象徴する街となった。明治時代には上流階級の社交場として発展したが、その後は劇場・ホテル・大企業の本社屋が連なり、日本を代表するビジネス街となっている。千代田区南東部、旧麹町区域の平地に位置する。土地利用の形態は主に業務地となっているが、16 ha にわたる日比谷公園を有するため緑地面積は広く、皇居にも近い。都心部にあるため幹線道路や鉄道路線も多数通過する。1930年には日比谷通りと晴海通りが交わる日比谷交差点へ日本初の電気式信号機が設置された。また幹線道路上にはかつて都電の路線網が張り巡らされていたが、道路交通量の増大や地下鉄の建設が進んだことにより1971年には姿を消した。














IM4x683.jpg





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif