永遠の夢に向かってユー・マイト・シンク

 

ユー・マイト・シンク

ユー・マイト・シンク















Chevrolet-Camaro-2019-3.jpg
















The Cars































「ユー・マイト・シンク」 (You Might Think) は、カーズによる楽曲であり、1984年にリリースされた5枚目のスタジオアルバム『ハートビート・シティ』に収録されている。楽曲は、リック・オケイセックが作曲し、マット・ランジとカーズがプロデュースした。リードヴォーカルはリックがとっている。『ハートビート・シティ』からのファーストシングルとしてリリースされた。ミュージックビデオのおかげで「ユー・マイト・シンク」は、アメリカ(最高7位)やカナダ(最高8位)で大ヒットとなった。さらに、アメリカでは、バンド初であるメインストリーム・ロック・トラックスでの1位を獲得した。しかしイギリスでは振るわず、チャートでは88位にとどまった。アルビンとチップマンクスは、エピソード「Alvin on Ice」でこの曲をカバーした。また、アメリカのバンド、ウィーザーは、ディズニー・ピクサー映画『カーズ2』 (2011年) のサウンドトラックとしてこの曲をカバーした。日本のバンド、「Mr. Fukushima & his Sweet Hollywaiians」もカバーした。このミュージックビデオは、初めてコンピューターグラフィックスが使われたものの1つである。バンドのリーダーであるリック・オケイセックとモデルのスーザン・ギャラガーが出くわすというものである。リックが彼女のバスルームの鏡や、バスタブの潜望鏡の中から現れたり、飛んだり、ロボットモンスターのようになったり、また、キングコングのようにエンパイア・ステート・ビルディングの頂上を飛ぶ飛行機を叩いて攻撃したりする描写がある。「ユー・マイト・シンク」は、第1回MTVビデオミュージック・アワードで「最優秀ビデオ賞」を受賞しており、その他に5部門(最優秀、最優秀コンセプト、最優秀革新、最優秀編集、最優秀特殊効果)にもノミネートされた。また、1984年のビルボード誌ビデオミュージック・アワードでは、5つの賞(最優秀、最優秀コンセプト、最優秀革新、最優秀編集、最優秀特殊効果)、ビデオテープ・プロダクション・アソシエイションの1985年モニター・アワードでは4つの賞(ミュージックビデオにおける最優秀功績、最優秀編集、最優秀エンジニア、最優秀カメラ)を受賞した。『ハートビート・シティ』(Heatbeat City)は、アメリカのロックバンド、カーズの第5作アルバム。同バンドのリリースしたアルバムの中で最も商業的成功を収めている。前々作『パノラマ』、前作『シェイク・イット・アップ』に比べ、全体的によりポップな仕上がりになっている。「ラジオ&レコード」の年間アルバムチャートでは1位を獲得している。シングルでも「Drive」「Hello Again」「Magic」「You Might Think」がTOP20に入るなど、ヒットを量産している。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif