永遠の夢に向かってダイアモンド・ヘッド

 

ダイアモンド・ヘッド

ダイアモンド・ヘッド















20131116-DSC08348.jpg
















TheVentures





































ダイアモンド・ヘッド(Diamond Head)は、ベンチャーズの楽曲。アルバム『ウォーク・ドント・ラン Vol.2』(1964年)からのシングルとして発売された。B面は、『ノック・ミー・アウト』収録の「ロンリー・ガール」。日本盤シングルのB面は『ウォーク・ドント・ラン Vol.2』収録の「朝日のあたる家」。全米では70位という結果だが、日本ではベンチャーズの曲の中で最も人気が高く、カバーやテレビ番組のBGMに起用される事も多い。1996年、渚の女王様によって日本語カバーされ、フジテレビのアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の初代オープニング曲に起用された。ベンチャーズ (The Ventures)はアメリカのインストゥルメンタルのバンド。1959年結成。アメリカではサーフ・ギター・サウンドの元祖とされ、また日本に於いてはビートルズと並び、後の日本のポップス、ロック界に影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。代表曲に「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「ハワイ・ファイブ・オー」など。1999年以降、1月と夏の2回来日するようになったが(1月はノーキー、夏はジェリーがリードギターを担当)、近年は夏期全国横断ツアーのみである。2005年1月公演より、ボブ・ボーグルに代わり、ボブ・スポルディングがベースを務めている。2016年には、来日ツアーから引退したドン・ウィルソンに代わり、ボブ・スポルディングがリズムギター、息子のイアン・スポルディングがベースを務め、2018年にジェリー・マギーのツアー引退発表により、元々ツアーメンバーとして活動していたベーシストのルーカス・グリフィンが加入し、ボブがリードギター、イアンがリズムギターへと転向する。デビュー時は、リードギターとリズムギターのデュオであったが、スカウトによりベース、ドラムが正式に加わり、このバンドの基本である4人編成となった。 レコード製作では無名のスタジオミュージシャンが多数加わり、例えば「テルスター」ではキーボードが主要メロディーを取り、「ダイヤモンド・ヘッド」、「十番街の殺人」ではアルト・サックスにエフェクト・ペダルやレスリー・スピーカーを介して後のシンセサイザーのような音色に似たサウンドを加えたり、曲によっては女声コーラスを導入したり、ブラスセクションやオーケストラを起用するなど、これらをサウンド面の主要アクセントにした。さらにはギターよりキーボード(当時ファルフィッサ製電子オルガンなどが使われていた)をリードパートに多用した曲が多く、その後正式にキーボーディストをメンバーとして加え5人編成となった時期もある(5人体制時期は1968年から1972年前半および1974年から1976年である)。ステージ上ではリードギターとベースが途中で交代する場面もある(最初期の演奏ではボブ・ボーグルだけでなくドン・ウィルソンがリードギターを担当するなど、現在と比べて演奏面やサウンド面も大きく異なっている)。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif