FC2ブログ

永遠の夢に向かってI Just Called To Say I Love You

 

I Just Called To Say I Love You

I Just Called To Say I Love You















wallpaper-1708603_convert_20180603220020.jpg
















Universal Motown Records Group : Stevie Wonder Official Site











































「心の愛」(I Just Called to Say I Love You)は、スティーヴィー・ワンダーが1984年に発表した楽曲。ジーン・ワイルダーの監督映画『ウーマン・イン・レッド』のサウンドトラックに使用され、アカデミー歌曲賞とゴールデングローブ賞 主題歌賞を受賞した。シングルとしても、本国のアメリカでは『ビルボード』誌のBillboard Hot 100、R&Bチャート、アダルト・コンテンポラリー・チャートの3部門で1位を獲得する大ヒットとなった[2]。イギリスでは、スティーヴィーにとって初の全英シングルチャート1位獲得作品となった。日本では、子供たちのコーラスをフィーチャーした別ヴァージョンが、スティーヴィー自身も出演したTDKのCMソングに使用された[15]。また、1995年にDDI(現:KDDI)「なかよしネット」のCMソングに、1997年から2001年にかけて、日本のテレビドラマ『君の手がささやいている』の主題歌に起用された。もともと1979年にブレッド&バターへ提供した曲である。「I Just Called To Say I Love You」以外の歌詞はなく、松任谷由実が作詞、細野晴臣が編曲を担当した。「特別な気持ちで」というタイトルで発売を待つばかりであったが、直前にスティーヴィー側から、映画の主題歌として使うためこちらに先に発売させて欲しいという申し出があったため、発売は中止となった。5年後にリリースの許可が出たので再レコーディングし、発表している。 その後、スティーヴィーがパートナーとの間で曲の著作権問題で裁判になった時、ブレッド&バターに曲をプレゼントした際のデモテープが証拠となり勝訴した。そのお礼として作った曲が、「Remember My Love」である。

『ウーマン・イン・レッド』(The Woman in Red)は、1984年制作のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。ジーン・ワイルダー監督・主演。1977年のフランス映画“Pardon Mon Affaire”(監督:イヴ・ロベール)のリメイク。サンフランシスコ市の職員で超真面目なテディはある朝、出勤途中に見かけた赤いドレスの美女に心を奪われてしまう。テディはその美女シャーロットに近づくべく、あの手この手でアプローチを試みるが、思わぬアクシデントでことごとく失敗に終わる。それでも、親友バディの協力で何とかシャーロットへのアプローチに成功し、天にも昇る気持ちのテディであったが…。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif