FC2ブログ

永遠の夢に向かって"I Love New York"

 

"I Love New York"

"I Love New York"















tumblr_nlw32pXQ3C1rzeie7opg.jpg















The Official New York State Tourism Website




































『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany’s)は、アメリカの小説家トルーマン・カポーティによる中編小説。1958年にランダムハウスから出版された。ニューヨークを舞台に、自由奔放に生きる女性主人公を描く。1961年にオードリー・ヘプバーン主演でパラマウント映画によって映画化された。題名は主人公のいう「ティファニーで朝食を食べるご身分」というたとえで、当時ニューヨーク5番街にあるティファニーは宝石店であり実際のレストランではなかったが、映画の影響を受け2017年にブランド初となるダイニングスペースがオープンした。映画版では題名を意識してか、冒頭でオードリー・ヘプバーンがティファニーのショーウィンドウを前に朝食を食べるシーンがある。"I Love New York"(アイ・ラブ・ニューヨーク)は、1970年代から1980年代にかけてアメリカ合衆国のニューヨーク州が行った観光キャンペーン。このキャンペーンのために作られた判じ絵(はんじえ)ロゴマーク"I ♥ NY"は今なお世界的に有名である。1977年にニューヨーク市のグラフィックデザイナー、ミルトン・グレイザー (Milton Glaser) によって制作された。ハートのシンボル「♥」で"Love"を表現している。 このロゴがプリントされたグッズ(Tシャツやマグカップ、キャップなど)はニューヨークみやげの定番。マンハッタンにある商店では買物の際のレジ袋にもこのロゴ(の模造品)が描かれていることがある。ニューヨーク州観光局の登録商標であるが、パロディとして多数の模造デザインが生まれた。1977年のキャンペーン開始時に、テーマソングとしてスティーヴ・カルメンがキャンペーンと同名の"I Love New York"を作詞・作曲し、州政府に寄贈した。この楽曲は1980年に州議会の承認とヒュー・L・ケアリー州知事の署名により、ニューヨーク州の正式な州歌として制定されている。著名な歌唱としては、マドンナが歌うロック調にアレンジしたバージョン(アルバム『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』に収録)がある





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif