永遠の夢に向かってピート・シェリー

 

ピート・シェリー

ピート・シェリー

















b92340b77ceeeff6e26c012efe9f1eb8cfd0b1c4_convert_20180403034456.jpg













Pete Shelley - Telephone Operator


































パンクなデジタル・ビートを刻む、ピート・シェリー

ピート・シェリーの音楽はエレクトロ・ポップ(エレクトロニック・ミュージック)だと言われてはいるものの、あからさまに電子音を使っているわけではない。もっとエキセントリックで凶暴だ。それは、イギリスはマンチェスターが誇るパンク・バンドである『バズコックス』を通過しているからにほかならない。一味違うデジタル・ビートの世界だ。ピート・シェリーと言っても日本では知らない人が多いのではないかと思います。多いというよりも、むしろ誰も知らないという状態に限りなく近い。ピート・シェリーはバズコックスでボーカル&ギターを担当。と言ったところで『バズコックス』がこれまた知られていない。曲を聴けば「テレフォン・オペレーター」という曲が携帯電話や自動車のCM、番組のテーマソングとして使われていたたけにピート・シェリーの方が日本では認知されているのかもしれない。日本においてピート・シェリーは「テレフォン・オペレーター」だけが多少なりとも知られているマニアックな、もしくはカルトな存在といってもいいかと思いますが、一部のファンだけのものにしておくには余りに惜しい存在だ。今でも現役で活動を続けているピート・シェリーの歴史を振り返ってみる。1976年にロンドンでセックス・ピストルズのライブを観て感銘(かんめい)を受けたピート・シェリーがハワード・ディヴォートと一緒につくったバンドが『バズコックス』だ。先ず2人は地元マンチェスターでセックス・ピストルズのライヴを企画し開催。当時の観客はわずか42人だったが、その中にはニュー・オーダーを後に結成することになるバーナード・サムナーとピーター・フックやザ・スミス結成前のモリッシーがいたというから驚きだ。翌月に行われた2回目のセックス・ピストルズのマンチェスターでのライブには、前座を『バズコックス』が務めている。これらのイベントは当時のマンチェスターの音楽シーンを活性化させた。1978年にファースト・アルバム「Another Music in a Different Kitchen」を発売。同年に発売されたシングル「What Do I Get」は全英37位、「I Don't Mind」は55位となっている。1981年、『バズコックス』は解散し、同年、ピート・シェリーは『バズコックス』のプロデュースもしていたマーティン・ラシェントとほぼ2人でアルバム「ホモサピエン」を作成しています。収録曲は全てピート・シェリー作成しており、ベースにマガジンのバリー・アダムソンとドラムで元カーヴァド・エアーのジム・ラッセルが何曲かに参加している。「ホモサピエン」と「アイ・ドント・ノウ・ホワット・イット・イズ」がシングル・カットされています。1983年発売のセカンド・アルバムです。ピート・シェリーの代表曲「テレフォン・オペレーター」を収録しているということだけでも価値のある1枚です。それにしても「テレフォン・オペレーター」はいつ聴いてもカッコいい。その後、ピート・シェリーはエレポップの退潮とともに名前を聞かなくなってしまいますが、1989年に『バズコックス』を再結成してパンクシーンに戻ってきます。1993年以降の『バズコックス』はアルバムをコンスタントに発売するようになり、順調に活動できている。2006年に発売されたバズコックスとして8枚目のアルバム「フラット・パック・フィロソフィー」は、バンド結成30周年の節目に発売されたもので、プロデュースをベーシストのトニー・バーバーが担当し、初期の『バズコックス』を思わせるサウンドに仕上がっている。現在も『バズコックス』として活動を続けているピート・シェリーですが、とても不思議な人で、バンドでもソロでも大ヒットを記録することはありませんが、常に多くのフォロワーを抱えています。きっとピート・シェリーの誠実さが聴いた者の心の深いところに残るからだと思う。

















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif