FC2ブログ

永遠の夢に向かって『キングス・オブ・サマー』

 

『キングス・オブ・サマー』

『キングス・オブ・サマー』















54c0e94e2908bx-kings-of-summer-house-xln.jpg













映画『キングス・オブ・サマー』オフィシャルHP







































『キングス・オブ・サマー』(The Kings of Summer)は2013年にアメリカで公開されたコメディ映画である。監督はジョーダン・ヴォート=ロバーツ、主演はニック・ロビンソンが務めた。アイデンティティが確立しつつあったジョーにとって、父親のフランクがあれこれと干渉してくるのは腹立たしいことこの上ないものであった。長年、ジョーを男手一つで育ててきたフランクからしてみれば、その干渉はあくまでもジョーを思うが故の行動であった。そんなある日の夜、ジョーの怒りはついに爆発し、彼は親友のパトリックと共に森の中へと逃げ込んでいった。パトリックも普段の生活に苛立っていたのである。2人は森でビアジオという名前の少年と出会い、一緒に行動することとなった。取り敢えず、3人は森の中に家を建てることにした。完成した家の中で、3人は自由を謳歌していると実感する一方で、森の中での孤立感も味わっていた。食料調達の分担について話し合った結果、ジョーとビアジオが狩猟を、パトリックが採集を担当することとなった。数週間後、パトリックとジョーの家出は失踪事件として扱われ、複数のテレビ番組で取り上げられるに至っていた。バスの中でジョーの所持品が見つかったとの知らせを聞いたフランクは、息子が自分をからかっているのだろうと思うようになった。ある日、ジョーが思い人であるケリーを家に招きたいと言い出したため、パトリックとジョーは口論になった。口論の末に、パトリックは渋々ケリーの来訪を認めたが、思わぬ事態が発生した。ケリーがパトリックに好意を寄せるようになったのである。その様子を見たジョーはパトリックに対抗心を抱き、モノポリーでパトリックを散々に打ち負かそうとした。しかし、その感情が仇になって、ジョーはパトリックに敗北を喫してしまった。2人は取っ組み合いの喧嘩になった。ケリーが来なければ3人は仲良く暮らせたはずだと思い込んだジョーは、彼女に向かって「癌のような女」「ビッチ」と罵声を浴びせた。その言葉にショックを受けたケリーは、失意のまま3人の家を後にした。パトリックがケリーのことを良く思っていないことを知った上で、ジョーは「女のケツでも追いかけていろよ」とパトリックを嘲り、彼の古傷を蹴り上げた。身勝手なジョーに耐えきれなくなったパトリックは家を飛び出し、ケリーの後を追った。ケリーを宥めているうちに、パトリックは勢いで彼女とキスをしてしまった。やけを起こしたジョーはビアジオをも追い出し、森の中での一人暮らしを始めることになった。1ヶ月後、ジョーは森の中での一人暮らしを続けていたが、食料調達のための資金が底を尽きたため、狩りをすることにした。手間取りながらも、ジョーはウサギを仕留めることができた。しかし、その後始末が不適切であったために、ジョーは生命の危機に立たされることとなった。













la-lh-kings-of-summer-movie-20130530-001.jpg




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif