FC2ブログ
 

S・O・S

S・O・S



img13137561996976410_convert_20131020201720.jpg



『「ピンク・レディー」経済効果』

経済効果期間:1976年~1981年

経済効果範囲:日本国内

経済効果:350億円

現在の貨幣価値:800億円

シングルレコード売上枚数:約1,122万枚

















Pink Lady

ピンク・レディー(Pink Lady)は、1970年代後半に活躍したデュオのアイドル。ミー(現:未唯mie、本名:根本美鶴代 55歳 A型、静岡県静岡市葵区出身)とケイ(現:増田恵子、本名:桑木啓子(旧姓:増田)56歳 O型、静岡県静岡市葵区出身)の2人組。多くの楽曲を阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)のコンビが手がけた。


来歴

出会いとデビュー秘話

常葉高校(現・常葉学園高校)卒業後の1976年8月25日に、シングル「ペッパー警部」で歌手デビュー。中学、高校時代に同級生だった二人は、1973年にヤマハ音楽が主催するオーディションにそれぞれ合格、特待生としてヤマハボーカルスクールに通う事になる。講師の勧めで“クッキー”というデュオを結成し歌手を目指していた。クッキー名義で1974年のポプコン東海地区大会決勝に進出し「恋のレッスン」を歌っている。

デビューのきっかけとなったテレビ番組『スター誕生!』出演時は、二人おそろいのオーバーオールを着、素朴な雰囲気で登場。歌も当時ほとんど無名に近かった、フォークグループの曲(ピーマンの「部屋を出て下さい」。メンバーのうち、叶正子は後にコーラス・グループ「サーカス」のメンバーとして再デビュー)を唄う事で逆に注目され、合格する。後に増田恵子(ケイ)は素朴な田舎っぽいイメージはオーディション番組に受かるための手段で、当初より歌って踊れる歌手を目指していたと語っている。当時のテレビ局関係者には素朴な田舎娘だったとの印象が強く、フォーク歌手指向と語られ、グループ名が「白い風船」もしくは「茶ばたけ」・「みかんばこ」になりかけたこともあった。

『スター誕生!』で、会社の方針に逆らいプロデビューへの道を拓いたのは、ビクター音楽産業の飯田久彦であった。歌手デビューに際し、全く異なるキャラクターにプロデュースされる。手足を露出したキラキラ光る生地のミニの衣装(デザイナーは野口庸子)と、リズムやビートを強調した曲調によって、田園風景が似合う素朴な二人組が派手な歌謡デュオになった。大胆に太ももを開いたりする激しくセクシーなダンスを行うことから、デビュー当初は成人向け深夜番組の出演が多かった。ピンク・レディーとは都倉俊一の命名であり、カクテルのピンク・レディーに由来する。

なお、デビュー曲のB面に予定されていた「ペッパー警部」を強引にA面にし、セクシー路線に変更させたのは、資金繰りに苦しんでいたデビュー前のピンク・レディーの所属事務所から、人を介して融資を頼まれ「T&C」と社名変更させた上でオーナーとなった、総会屋の小川薫である。T&Cの社長・貫泰夫と専務は小川の中学(幟町中学)時代からの友人で、原爆の焼け野原で一緒にボールを追った野球部仲間だったが、二人とも証券、生命保険の大手企業出身の堅気で、一攫千金を夢見て脱サラした人物だった。

同様の歌手としては1970年代前半に人気を博した山本リンダの前例もあるが、山本が“大人の女”の色気を売りにし夜のイメージを感じさせたのに対し、ピンク・レディーは明るく健康的なムードなのが対照的だった。山本もまた、阿久悠・都倉俊一によるプロジェクトであり、この二人が提供した楽曲が多い。(小田急電鉄発行フリーマガジン「Como le va?」No.10 による)デビュー直後にはキワモノ的な見方もされたが、まずは当時の子供たちが振り付け(すべて土居甫の手によるもの)を熱心に覚えて真似をし始めた。そのため山本リンダに代表されるかつてのセクシー歌手とは対照的に、老若男女に幅広く人気を獲得することに成功。レコードが大ヒットするだけではなく、人気が高まるにつれ衣料品や文房具、食器、自転車や食品まで多くの業種のさまざまな商品に二人の姿がプリントされたキャラクターグッズが販売され、ピンク・レディーの存在は想像を絶する巨額の経済効果を派生させることになった。なお小川も、付き合いのあった企業へCM起用を売り込んだ。


絶頂期

ピンク・レディーは、1970年代前半の国民的アイドルだった天地真理や1970年代半ばから後半にかけ人気を博した山口百恵らを超え、さらに時代を象徴するスーパーアイドルになったと言える。1978年のブロマイドの年間売上成績でも人気No.1を獲得した。 また「サウスポー」や「透明人間」などのように、男女の恋愛を直接のテーマとしていない曲も、当時の歌謡曲には見られない特徴的なものだった。

3年ほど早くデビュー(1973年9月)していた、アイドルトリオのキャンディーズと比較されることが多かったが、当時のレコード売り上げ枚数はピンク・レディーが圧倒的に上回っていた。人気は爆発的に高まり、オリコンで連続9曲1位・10曲連続ミリオンセラー(出荷ベース)は、当時の新記録。オリコンシングルチャートにおける通算首位獲得数(63週)は、2013年現在でも破られていない(1977年7月第3週から1978年2月第3週までの28週のうち27週にわたり、ピンク・レディーが1位を獲得していた)。また女性グループアーティストによる通算9曲首位も、2006年11月20日付にモーニング娘。が「歩いてる」で記録更新するまで最高記録であった。

ピンク・レディーの人気は、1977年から1978年の約2年間が絶頂期だったと言える。デビュー・シングル「ペッパー警部」のスマッシュ・ヒットのあと、「S・O・S」でピンク・レディー人気に火がついた。その後「カルメン'77」のヒットに続き、「渚のシンドバッド」で頂点を迎えた。さらに「ウォンテッド (指名手配)」も大ヒットとなり、続く「UFO」でポップ・アイドルとして初めて日本レコード大賞を受賞する。そして「サウスポー」「モンスター」の2曲も大ヒット、オリコンでミリオンセラーを記録した。

ロックグループ・サザンオールスターズのデビュー曲「勝手にシンドバッド」は、沢田研二の「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」のふたつの曲のもじりである(それ以前に『8時だヨ!全員集合』で志村けんが「勝手にシンドバッド」というギャグを披露している)。

さらに、若者の性の奔放さを題材にした「ペッパー警部」「渚のシンドバッド」、UFOブームを反映した「UFO」、王貞治の本塁打数の世界新記録ブームに乗じた「サウスポー」など、時代の流行が窺える楽曲が多い。また歌の内容に合わせた衣装も特徴的で、「UFO」の宇宙的コスチュームや「サウスポー」のピンクのユニフォームを着ていたり、「透明人間」「カメレオン・アーミー」に至っては、テレビ番組で二人の姿が消えたり衣装の色が変わったりするなどの演出が施された。

これらの現象は、作詞家・阿久悠の影響によるところが大きい。かつて阿久は山本リンダの事務所から山本のプロデュースと作詞を頼まれ、“革命的アイドル”としてブレイクさせた。これと同じことが、ピンク・レディーでも行われたのである。ピンク・レディーが“UFOブーム”や“王貞治ホームラン世界記録ブーム”を採り入れたことも、阿久の「作詞とは“時代”である」とのポリシーからであった。またこの間、「サウスポー」までは成人男性を中心とする“アダルト人気”がピンク・レディーを支えたが、「サウスポー」のあと事務所が営業戦略を“子供向け路線”に転換したことが大きな転機となる。

当時女児の間ではピンク・レディーの振り付けの真似が大流行した。『探偵!ナイトスクープ』2001年2月9日放送分の「30代の女性は皆ピンク・レディーの振り付けを踊れる?」の調査でも、街頭インタビューを行った一般の女性達が次々と完璧に「UFO」「サウスポー」などを踊りこなし、当時の人気振りを偲ばせた。当時フィーバーやアパッチ、キャッツ★アイなど、ピンク・レディー人気にあやかろうと亜流といえる歌謡グループが複数登場したのも人気を物語るエピソードである。

絶頂期当時、ピンク・レディーのブロマイドの販売数も驚異的なものであったが、山口百恵や他のアイドル達の写真がスタジオなどできちんとした撮影がされているのに比べてピンクレディーの写真はその多くがテレビ局の廊下や階段などで撮影されたものが使用されている。これは写真スタジオで撮影するだけの時間が全くなかったほど多忙であり、番組出演の移動の合間に手っ取り早く撮影していたことが理由であったと本人達が後に語っている。


アメリカ進出・人気急降下、解散

人気絶頂だった1978年暮れの『第29回NHK紅白歌合戦』への出場を辞退、日本テレビ系のチャリティー番組に出演する。当時の『紅白歌合戦』は国民的番組であり、ピンク・レディーが出演した番組は惨敗する結果になった。

翌1979年3月発売の「ジパング」はオリコン4位で、1976年の「S・O・S」から1978年の「カメレオン・アーミー」まで9曲続いた、オリコン連続首位記録がついにストップ。その後5月の「ピンク・タイフーン」と、7月の「波乗りパイレーツ」まではオリコンベスト10内を維持した。しかし、アメリカでの活動を主軸に置いた同年秋からは、急速に人気の低下を見せるようになってゆく。アメリカのショービジネスの世界へ進出して日本のマーケットを省みなかった事が、結果として人気に悪影響を与えてしまった。

なおアメリカ進出の経緯については一般に知られていないが、多くのファンを得て、短期間に準レギュラー出演の番組を獲得するなど、当時の外国人デュオとしては成功を収めた。しかしながら、よりセックスアピールを前面に出したスタイルであったため、国内でのイメージを損なう恐れがあるとの判断から日本ではほとんど報道されなかった。アメリカのマーケットにおける長期的な見通しの欠如と、国内マーケット重視の営業判断から、活動途中でアメリカから撤退を余儀なくされた。また当時、主に私生活上(特に恋愛関係)の要因からケイが日本への帰国を強く主張していたことを、後にケイ自身が著書で明らかにしており、それもアメリカ撤退の一因となった。

アイドル歌手では一般的なことだが、活動方針やイメージ戦略などはピンク・レディー本人(ミーとケイ)が立案しているのではなく、所属事務所など周囲の関係者が行っていた。多忙がたたり、当時の仕事の現場はダブルブッキングなどは日常茶飯事な状態であった。ミーとケイは、デビュー当時から寝る間もないほどの仕事を課せられていたため、自分たちが実際にどれくらい人気なのか全く分からなかったと後述している[7]。爆発的な人気が出た後には、前述の紅白辞退やアメリカ進出で負の遺産を背負い込むことになった。

そして1980年9月1日、ピンク・レディーは二人揃って解散を発表。それから7か月後の1981年3月31日、みぞれが降り続く中、後楽園球場でピンク・レディーの解散コンサートを開催する。活動期間は4年7ヶ月。なお当時の所属事務所は解散直後に倒産し、社長であった貫泰夫も芸能界を離れた。


再結成

解散後はそれぞれ女優やタレントとしてソロ活動。ピンク・レディーとしては、2005年までは期間限定ながら数度、再結成して活動。二人でテレビ出演する際の衣装は、増田がピンク、未唯mieはブルーで登場することが多い。これは、現役の頃から今までも増田がピンクが大好きだということの表れである。

2010年、解散宣言からちょうど30年後の9月1日に「解散やめ!」を宣言、ピンク・レディーとしての活動を再開しソロ活動と並行して継続することを表明。2011年5月から本格的な再始動として全国ツアー、ピンク・レディー Concert Tour 2011 "INNOVATION" を開催。


1278969638854.jpg

afc6a31abc8c63b53b07414c383ce17f.jpg



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
涙のリクエスト  ←涙のリクエスト 【2013年10月】の更新記事一覧 →少女A  少女A
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif