永遠の夢に向かって三菱マテリアル

 

三菱マテリアル

三菱マテリアル














fc2blog_20180221113826b98.jpg













三菱マテリアル株式会社


































三菱マテリアル、子会社のデータ不正「品質管理に驕(おご)り」

三菱マテリアルは2018年2月20日(火曜日)、子会社の三菱電線工業が自動車や航空機向けに出荷した素材製品の検査データを書き換(か)えていた問題で、弁護士らによる特別調査委員会の報告書を発表した。報告書は不正の原因について、生産を管理する技術開発部が「自分たちは製品の機能や安全性に及ぼす影響について、顧客(こきゃく customer)の判断を得るまでもなく、判断することができる」とする「品質管理に関する驕(おご)りがあった」と断定した。報告書は、製品の品質チェックを行う品質保証部門も「過去に顧客(こきゃく customer)からクレーム等が生じていないため問題ない」と判断するなど、「独りよがりな驕(おご)りの意識が根付いていた」と指摘。製造現場では異動が少ないなど「人的閉鎖性」も加わり、驕(おご)りの意識は「先輩たちが長年やってきた当たり前のこと」と正当化され、「コンプライアンス(法令順守)意識が鈍麻(どんま)してしまった」と厳しく指摘した。報告書は再発防止策として、検査システムを自動化してデータの書き換(か)えをなくすことや、工場の品質保証部門を社長直轄として独立性を強化するよう求めた。これを受け、三菱電線は自動検査システムを導入するなど再発防止策を講じるとともに、高柳喜弘社長が月額報酬の30%を2018年3月から1カ月返納するなどの処分を発表した。昨年2017年12月に引責辞任した村田博昭前社長は2018年2月28日付で取締役も退任し顧問となる。三菱電線はゴム素材のパッキンやガスケットなどの部品で、寸法や材料の特性が納入先の要求や社内基準に合っていないのに、範囲内に収まるようデータを書き換(か)えていた。

三菱マテリアル株式会社(Mitsubishi Materials Corporation)は、三菱グループの大手非鉄金属メーカーである。伸銅品で日本国内シェアトップ。セメント協会会員。銅製錬、セメント製造、金属加工(自動車部品の製造等)、アルミ缶製造などの事業を行っている。1990年に三菱金属と三菱鉱業セメントが合併して2016年(平成28年)現在の社名となった。三菱系企業としてのルーツは1871年(明治4年)からの炭鉱事業にさかのぼる。1998年に宇部興産とセメント事業で提携して宇部三菱セメント、2002年にシリコンウエハー事業を住友金属工業と事業統合して三菱住友シリコン(2016年現在のSUMCO)、2004年に銅管事業で神戸製鋼所と事業統合してコベルコマテリアル銅管を設立、2005年にアルミ缶事業について北海製罐と事業統合してユニバーサル製缶を設立するなど、他社との事業提携・統合が増えてきている。他にも関連会社を通して、シリコンウエハー製造、電子デバイス製造、金地金販売、環境リサイクル事業、原子燃料製造などの販売も行っている。三菱金曜会及び三菱広報委員会[5]の会員企業である。













bnrmitsubisi.jpg

















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
iPhone 9  ←iPhone 9 【2018年02月】の更新記事一覧 →ダイナスター  ダイナスター
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif