FC2ブログ

永遠の夢に向かってフィラデルフィア・イーグルス

 

フィラデルフィア・イーグルス

フィラデルフィア・イーグルス















delphia-eagles-logo-philadelphia-eagles-logo-wallpapers.jpg













フィラデルフィア・イーグルス公式サイト



























スーパーボウルでイーグルス悲願の初優勝 奇跡の幕切れ ペイトリオッツの連覇を阻む

NFLの第52回スーパーボウルが2018年2月5日、ミネソタ州ミネアポリスのUSバンク・スタジアムで行われ、大方の予想を覆してイーグルス(NFC)が41-33(前半22-12)でペイトリオッツ(AFC)を下し、3回目の出場で初優勝。1点を追って迎えた第4Qの残り2分21秒、プレーオフでの快進撃を支えてきたQBニック・フォールズ(29歳)がTEザック・アーツ(27歳)に14ヤードのTDパスを通し、これが決勝点となった。直後のペイトリオッツのドライブでは、DEブランドン・グラハム(29歳)が今季のMVPに選出されたばかりのQBトム・ブレイディー(40歳)に襲いかかり、ファンブルを誘発させたあとDEデレク・バーネット(21歳)がリカバー。同一カードとなった2004年のスーパーボウルでは3点差で敗れたが、この日はチーム一丸となって“21世紀の最強チーム”を打ち破った。フォールズは43回中28回のパスを通して373ヤードと3TDをマーク。エースQBカーソン・ウェンツ(25歳)が2017年12月10日のラムズ戦で膝のじん帯を断し、シーズン終盤から先発に起用された控えQBだが、プレーオフでは“3戦全勝”で夢にまで見た優勝をもぎとった。フォールズは相手のゴールライン目前(残り1ヤード)まで攻め込んだ第2Qの残り38秒にはスペシャルプレーを敢行。オフェンスのラインに声をかける素振りを見せ、その隙にダイレクトスナップを受け取ったRBコーリー・クレメント(23歳)がTEトーリー・バートン(26歳)にボールを渡し、そのバートンが“QB役”を務めてエンドゾーン右隅に入り込んでいたフォールズにTDパスを通した。スーパーボウルでQBがレシーブでTDをマークしたのはフォールズが初めて。控えQBがスーパーボウルで勝ったのは史上3人目となった。イーグルスに在籍する限り先発QBは来季もまたウェンツの控えであることには間違いはないが、NFCの第1シードでありながらカンファレンス準決勝から3試合連続で格下扱い(UNDERDOG)となっていたチームをここまで押し上げたのは、一時引退をも考えていたフォールズの奮闘あってこそだった。スポーツ専門局ESPNが記者たちを対象にした事前アンケートでは61人対24人でペイトリオッツが圧倒的に優位。それだけに史上に残る超大番狂わせとなった。一方、ペイトリオッツは連覇を逃して6度目の優勝は目前で消滅。昨年は25点差をはね返して延長でファルコンズを退けて勝利を収めたが今年はイーグルスの勢いの前に屈する形となった。自身8回目のスーパーボウルを迎えたブレイディーはファンブルを犯したあとはベンチで頭を抱えてぼう然。48回中28回のパスを通して、大会史上最多となる505ヤードと3TDをパスで獲得したが、それでもチームを勝利には導けなかった。26-33で迎えた第4Qの5分38秒には、ホットラインを組んできたTEロブ・グロンカウスキー(28歳)に5ヤードのTDパスを通して1点のリードを奪ったが、最後は試合をコントロールできなかった。

フィラデルフィア・イーグルス












STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif