FC2ブログ
 

SUPERSTITION

SUPERSTITION















share_convert_20180204224237.jpg














StevieWonder.net



























「迷信」 (Superstition) は、アメリカのシンガーソングライター、スティーヴィー・ワンダーの楽曲。彼が22歳の頃のアルバム『トーキング・ブック』に収録され、多くの国でシングル・カットされた。全米シングルチャートでは1位を、全英シングルチャートで11位を記録し、2004年11月に発表された「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では74位にランクイン。スティーヴィーは、アルバム『トーキング・ブック』のセッションに参加したジェフ・ベックへ、返礼のためにこの曲を書いた。しかし、スティーヴィーのマネージャーが反対したことにより、スティーヴィー自身が先にレコーディングしてリリースした。そのお詫びとして、1975年のジェフ・ベックの『ブロウ・バイ・ブロウ』に「哀しみの恋人達」を提供している。なお、ベック自身の演奏によるバージョンは、ベック・ボガート & アピスのデビューアルバム(1973年発売)に収録された。当時はモータウン・ポップからの脱却を模索していた。実際、この2作前のアルバムから顕著で、特に『トーキング・ブック』は、一般的に彼の新しい音楽スタイルが認められた。この曲は、いくつかの迷信に言及してそれを否定している歌詞である。この曲はドラム・ビートから始まるが、これはスティーヴィー自身が演奏しており、楽曲中の至るところでバスドラムが目立つように構成されている。続いて、この曲のリフがクラビネットにより入ってくる(ベック・ボガート & アピスのバージョンでは、ギターによって演奏されている)。また、この曲はトントズ・イクスパンディング・ヘッド・バンドのマルコム・セシル(Malcolm Cecil)とロバート・マーゴレフ(Robert Margouleff)がモーグ・シンセサイザーでゲスト参加している。スティーヴィーが、1972年に子供向けテレビ番組『セサミ・ストリート』でこの曲を演奏した際には、チャック・マンジョーネがトランペットで参加した。












STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif