FC2ブログ

永遠の夢に向かって太陽系第1惑星

 

太陽系第1惑星

太陽系第1惑星















fc2blog_20180127113126476.jpg














Planetary Photojournal


























































★★★水星(Mercury マーキュリー)★★★

水星の色は、ちょっと赤みがかかった灰色ですが、人間の目で見たらもっと灰色がかってみえるのではないでしょうか。水星の色がいろいろあるのは理由があります。探査機に積まれているカメラは普通モノクロ(白黒)のカメラです。色を犠牲にして精度を上げています。色を撮るためには、色のフィルタをつけて、いろいろな色のフィルタで撮影された画像を重ね合わせ、色をつけるという処理が必要です。ただ、フィルタはある波長の光しか通さないため、人間の目のように広い波長をいっぺんに感じる、ということができません。そのために色が違ってみえてきます。人間が唯一肉眼で地表すぐ近くを眺めたのは月です。アポロ8号の宇宙飛行士は、「月面は一面灰色だ」といっていました。金星は大気がないのですが、黄色っぽい色。火星はやはり赤いです。木星や土星はオレンジ色を中心とした縞模様。天王星は薄い水色、海王星は青、というところでしょうか。水星(Mercury マーキュリー)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。岩石質の「地球型惑星」に分類され、太陽系惑星の中で大きさ、質量ともに最小のものである。太陽系の惑星の中では最も小さい。例えば赤道面での直径 4,879.4km は地球の38%に過ぎない。水星よりも大きな衛星は木星のガニメデと土星のタイタンがある。水星には衛星や環はない。天球上での見かけの明るさは−0.4等から5.5等まで変化する。水星は太陽に非常に近いため、日の出前と日没直後のわずかな時間しか観察できず、時期によっては望遠鏡でも見ることが難しい。これは太陽との最大離角が28.3度に過ぎないためである。アメリカの探査機マリナー10号 (1974年 - 1975年) が初めて水星へ接近し、地表の約40%ないし45%の地図が作られた。撮影された映像から、水星には多数のクレーターがあり、月と非常によく似た環境だと考えられた。依然として分からないことが多い惑星であるが、2008年に探査を始めたアメリカのメッセンジャーや2018年に打ち上げ予定の日欧共同プロジェクトベピ・コロンボなどによって、探査の進展が期待されている。














planetss.jpg














STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif