永遠の夢に向かってダニカ・パトリック

 

ダニカ・パトリック

ダニカ・パトリック















DIS-MENCS-Test-Patrick-041217.jpg














Danica Patrick Official Website















































インディカー初の女性ウイナー、ダニカ・パトリック。2018年のデイトナ500とインディ500に参戦し現役引退へ

アメリカンモータースポーツを代表する女性ドライバーのダニカ・パトリックは、2018年2月に行われるNASCARデイトナ500と5月のインディアナポリス500マイルレースへの参戦をもって引退することを発表した。サラ・フィッシャー以来ふたり目のフル参戦女性ドライバーとして2005年にインディカーデビューを果たしたダニカ。その年のインディ500では女性ドライバー史上最高位となる4位を記録。ルーキーながら3度のポールを獲得しダニカ旋風を北米に巻き起こした。ほかのドライバーに負けず劣らずの活躍を見せ、2008年にツインリンクもてぎで行われたインディジャパンで、女性ドライバーとしてはインディ史上初となる優勝を果たした。2012年からはNACARに転向。2013年にスチュワート・ハース・レーシングに移籍し、NASCARのトップシリーズであるスプリントカップにフル参戦。開幕戦となるデイトナ500では、ポールポジションを獲得する活躍を見せた。一時はF1転向の噂も流れたダニカだったが、スポンサー集めに苦労し9月に2017年限りでチームから離脱することを発表した。「フル参戦は今年が最後のシーズンになる」とシーズン中に語っていたダニカ。2018年の活動に対しては明言していなかったが、17日にマイアミで記者会見を行い、2月のデイトナ500と5月のインディ500を持って現役から引退することを明らかにした。「妹からは感傷的になると言われたけど、そうはならないと言いました」と話し始めたダニカの目には涙がこぼれていたが、その涙を拭きとり「しかし、私はすべての機会に感謝しています」とコメント。「私はまだ終わっていません。来年はデイトナ500とインディ500に参戦するつもりで、とても興奮しています。この挑戦は、私がまだ終わっていないことを証明する素晴らしい方法だと思う」とダニカ。35歳のダニカは、両シリーズを代表する伝統のレースに参戦する「ダニカ・ダブル」を達成し、素晴らしいキャリアに幕を閉じることを選んだ。記者会見では、インディ500の参戦チームを明らかにしてはいないが、インディアナポリス・モータースピードウェイの代表を務めるJ.ダグラス・ボレスは、「我々は、ダニカがインディ500に戻ることを計画していることをうれしく思っている。2005年にインディ500で世界の注目を集めた場所で、キャリアを終えることはふさわしいね。来年の5月にベライゾン・インディカー・シリーズの素晴らしいドライバーと共に、彼女が戻ってくることを楽しみにしているよ」とコメントしている。

ダニカ・パトリック(Danica Patrick)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ベロイト出身の女性レーシングドライバー。アリゾナ州フェニックス在住。10歳でカートレースにデビュー。1997年に世界カート協会グランド・ナショナル選手権HPVクラスチャンピオンとなる。2003年からチャンプカー・ワールド・シリーズの傘下であるトヨタ・アトランティック・シリーズに参戦、ランキング6位になる。2004年も同シリーズに参戦し、ポールポジション1回、ポートランドで2位に入賞するなど活躍し、ただ1人全戦完走を成し遂げ、ランキングは3位となる。2005年レイホール・レターマン・レーシングからインディカー・シリーズにデビュー、女性として同シリーズとしてはサラ・フィッシャーに次ぐ2人目のフル参戦である。第5戦のインディ500では女性として初のラップリーダーとなり、インディ500史上女性最上位となる4位に入賞する。また、第8戦カンザスでの初ポールポジションを皮切りに、ルーキーとしては最多タイとなる3回のポールポジションを獲得することとなる。この年は雑誌の表紙を飾ったり、TVガイドやESPNでも取りあげられるなど、アメリカスポーツ界に一躍ダニカ旋風が巻き起こることとなった。同年11月、16歳年上の理学療法士の男性ポール・ホスペンタールと結婚した。2006年は所々で良い走りをみせるものの、チーム共々不振に陥っていたが、2007年にアンドレッティ・グリーン・レーシングへ移籍し、自己最高位となる2位に1回、3位に2回入賞するなどしてランキングは7位となった。翌2008年も引き続きアンドレッティ・グリーン・レーシングから参戦し、ツインリンクもてぎで行われた第3戦インディジャパン300でついに初優勝を達成した。これはダニカ自身の初優勝であると同時に、インディカー史上初の女性ドライバーの優勝である。2009年は、チーム力の低下とあいまって優勝はできなかったが、チーム内では最上位のランキング5位の成績を残した。2010年は、インディカーに引き続き参戦するほか、NASCARの一部レースにスポット参戦した。インディカー・シリーズでは、テキサスとマイアミで2位を獲得するが、ロードコースでの不調が尾を引きランキング10位にとどまった。2012年は、NASCARネイションワイド・シリーズ 第1戦デイトナ・インターナショナル・スピードウェイに於いて、フル参戦初戦となる予選にてポールポジションを獲得した。同年11月20日に自身のフェイスブックで、理学療法士の夫と離婚していたことが明らかになった。2013年シーズンはスチュワート=ハース・レーシングに移籍し、スプリントカップ・シリーズにフル参戦する。開幕戦デイトナ500ではポールポジションを獲得した。2014年に発売予定のセガの『ソニック&オールスターレーシング トランスフォームド』にゲスト出演する。2015年8月12日、フォーブスは「世界で最も稼ぐ女性アスリートランキング」を発表し、パトリックは4位に選出された。2017年9月12日、スチュワート=ハース・レーシングはパトリックが2017年シーズン限りで離脱することを発表した 。












STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif