永遠の夢に向かってアイ・ラブ・ロックンロール

 

アイ・ラブ・ロックンロール

アイ・ラブ・ロックンロール















hard-rock-cafe-logo.jpg















THE ARROWS - I Love Rock N Roll



























アローズ(THE ARROWS)って名称はいくつもあるけどどれのこと?と思った人に軽く説明すると、今回紹介するのは元ランナウェイズのジョーン・ジェットがカヴァーし大ヒットしたアイ・ラブ・ロックンロールのオリジナルのバンドです。「I Love Rock‘N’Roll」と言えば、1974年にデビューしたイギリスの3ピースバンドThe Arrows(ザ・アロウズ)の楽曲で、ローリング・ストーンズの楽曲「It's Only Rock 'n Roll」に触発され作ったという逸話が有名だ。同楽曲が世界的に有名になるきっかけとなったのは、1982年にガールズ・ロックの先駆者的なアーティストとして有名なアメリカの女性ロック・シンガーのジョーン・ジェットのカバーが全米1位の大ヒットを記録した事です。その後、数多くのアーティストがカバーし、ロックのスタンダード曲として世界中で愛されている楽曲だ。アローズ(THE ARROWS)は1974年に結成されたイギリスの3ピースのロックバンドです。メンバーはアラン・メリル(Alan Merrill/singer/bassist)、ジェイク・フッカー(Jake Hooker/guitarist)、ポール・バーリー(Paul Varley/drummer)です。アラン・メリル(Alan Merrill)はジャズ・ボーカリストのヘレン・メリルの息子としてまた60年代は日本に滞在しGSバンドにいたことでも有名です。何でもGS初の外人ポップスターだったとか。テレビドラマ『時間ですよ』(1965-1990)に出演したこともる。彼はその後ソロなどで活動していくんですが、イギリスの仲間から誘われてこのバンドを結成した。時代は丁度ベイシティローラーズの全盛期で共演も多かったそうです。シングルは1974年の"Touch Too Much"がいきなり全英8位とヒット。翌年"My Last Night With You" が全英25位を記録。多くの人にカヴァーされたI Love Rock N Roll は実はB面だった。どうも当時のレコード会社への反発であえてB面にしたようで。しかもレコーディングには30分しか与えられなかったという。その後再レコーディングされA面として発売されたいわくつきの曲。レコード会社に嫌われていたためかこのバンドは短期で終了する。バンドが活動中に出したアルバムは1976年の「First Hit」のみだった。その翌年の1977年には解散した。アラン・メリル(Alan Merrill)はその後ソロとして活動を開始しライヴ盤『The Aleecat, Live In Japan』が2008年にリリースされるなど現在も活動を続けている。ちなみにジョーン・ジェットがなぜこの曲をカヴァーしたのかというと、ランナウェイズ時代にイギリスをツアー中偶然この曲を聴いたそうです。彼女はこの曲を気に入りカヴァーしようと思うものの、他のメンバーが興味を示さなかった。でソロになった後でカヴァーした。












xfk2XFh.jpg
▲左からポール・バーリー、ジェイク・フッカー、アラン・メリル。










STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif