永遠の夢に向かってクレイジー・トレイン

 

クレイジー・トレイン

クレイジー・トレイン















m000531024-768.jpg
















Ozzy Osbourne - Crazy Train































『ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説』(Blizzard of Ozz)は、オジー・オズボーンが1980年に発表したスタジオ・アルバム。ブラック・サバス脱退後、オズボーンはランディ・ローズ(元クワイエット・ライオット)、ボブ・デイズリー(元レインボー)、リー・カースレイク(元ユーライア・ヒープ)といったメンバーを迎えた自身のバンドを結成してソロ名義では初の作品となる本作を発表した。ローズのギター演奏は高く評価され、音楽評論家のSteve Hueyはallmusic.comにおいて「ヴァン・ヘイレンのファースト・アルバムと並び、1980年代のメタル・ギターの基本となった」「クラシック・ギターのテクニックと音階を応用することで、エディ・ヴァン・ヘイレンと同様、徹底的にルールブックを書き換えた」と評している。また、『Guitar World』誌が選出した「100 Greatest Guitar Solos」では、「クレイジー・トレイン」のギター・ソロが9位に、「ミスター・クロウリー<死の番人>」のギター・ソロが28位に達した。本作からの第1弾シングル「クレイジー・トレイン」は、全英シングルチャートで49位ビルボード誌のメインストリーム・ロック・チャートで9位に達した。第2弾シングル「ミスター・クロウリー」は全英46位に達した。2002年に発売されたリマスター盤では、シングル「クレイジー・トレイン」のカップリング曲「ユー・ルッキン・アット・ミー、ルッキン・アット・ユー」がボーナス・トラックとして追加収録されたのに加えて、ベースとドラムスのパートが、当時オズボーンのバンドに在籍していたロバート・トゥルージロとマイク・ボーディンの演奏に差し替えられた。2011年発売の「レガシー・エディション」では、計3曲のボーナス・トラックが収録され、また、ベースとドラムスのトラックもデイズリーとカースレイクの演奏に戻された。













STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif