永遠の夢に向かってスケ8ター・ボーイ

 

スケ8ター・ボーイ

スケ8ター・ボーイ















52580268.jpeg
















アヴリル・ラヴィーン ソニーミュージック オフィシャルサイト































「スケーター・ボーイ」(Sk8er Boi=Skater Boy)は、アヴリル・ラヴィーンの楽曲で、デビューアルバム『レット・ゴー』(2002年)からの2枚目のシングル。作詞・作曲はアヴリル・ラヴィーンとマトリックス(スコット・スポック、ローレン・クリスティ、グラハム・エドワーズ)で、プロデュースはマトリックス。2002年に発売され、アメリカのビルボードホット100で10位、イギリスで8位、オーストラリアで3位、カナダで13位、スペインで1位を記録し、現在までにラヴィーンの最もヒットしたシングルとなっている。フランシス・ローレンスの監督により制作されたミュージック・ビデオは、ロサンゼルスの街角交差点でラヴィーンが即席ライブ行うことをテーマにしている。前半は、様々な人が街中に落書きをしたり空からビラを撒いたりしてライブの告知を行っていく。後半でラヴィーンとバンドがその場所に到着し、自動車の上でライブを始めると、あっという間に群衆が集まる。歌が終わる頃になるとパトカーやヘリコプターが群衆を解散させようとやってくる。一方のラヴィーンは自らのギターで乗っていた自動車のフロントガラスを割る。イギリスのBTビジョンはこのミュージック・ビデオについて、3番目に「この10年間で最も秀逸なミュージック・ビデオ」としている。アルバム『レット・ゴー』のレビューで、Allmusicのクリスティーナ・サラチェーノは「卓越した音楽的センス」としている一方、作詞に関してはラヴィーンの欠点であるとも述べている。その歌詞について、雑誌 ブレンダ―のジョン・ペリーは「素朴でかわいらしい」とも評価している。AOLラジオのリスナーによる投票では、「スケーター・ボーイ」はラヴィーンの曲の中で4番目の人気曲となった。2011年10月時点で、「スケーター・ボーイ」はアメリカ国内でデジタルダウンロードを含め64万1000枚を売り上げた。2003年、パラマウント映画はこの曲の劇中での使用権をオプション契約した。しかし、2008年4月時点でこの映画は制作段階で放棄されたか中断しているものとみられる。アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)は、カナダ・オンタリオ州ベルビルの出身のシンガーソングライター。アメリカ合衆国に拠点を置いている。モダン・ロック、パンク・ロック、ポップ・ロック、パワー・ポップなどの音楽性を持ち、2002年リリースのデビューアルバム『Let Go』は全世界で約2000万枚を売り上げ、アメリカでは6回プラチナディスクに選ばれた。2枚目のアルバム『Under My Skin』、3枚目の『The Best Damn Thing』は両方ともBillboard 200で1位にランク。シングルでは「Complicated」「Sk8er Boi」「I'm With You」「My Happy Ending」「Girlfriend」など11曲がトップ10入りを果たしている。現在、彼女のアルバムは全世界で4000万枚以上のセールスを達成。カナディアン・ビジネス誌は「アメリカ合衆国で活躍する最もパワフルなカナダ人ベスト7」に彼女を選出している。2007年12月、フォーブス誌はラヴィーンを「25歳以下の最も稼ぐ人物」の8位にランクしており、その年収は1200万ドル(約12億円)と記載している。















america427837.jpg
















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif