永遠の夢に向かって『ジョン・レノンを撃った男』

 

『ジョン・レノンを撃った男』

『ジョン・レノンを撃った男』















johgun_convert_20170924034017.jpg















The Killing of John Lennon





































1980年12月8日(月曜日)に起こったジョン・レノン殺害事件。犯人のマーク・デイヴィッド・チャップマンは、なぜ時代のカリスマを手にかけなくてはいけなかったのか。ハワイですら溶け込めずにいた彼は、図書館で一冊の本「ライ麦畑で捕まえて」と出会い、その本の主人公ホールデン・コールフィールドに自分を重ね合わせていた。そしてそのころから、彼はジョン・レノンが偽者に成り下がったと思うようになり…。チャップマンの怒りを、観客は理解できるだろうか?ジョンはこの日、当時住んでいたニューヨークの高級集合住宅ダコタ・ハウスの入口でマーク・チャップマン (Mark David Chapman)に射殺された。ジョンは妻ヨーコ・オノと共にちょうど、レコード・プラント・スタジオ から帰宅したところだった。ジョンは市内のルーズヴェルト病院に搬送されたが、到着してすぐに死亡が宣告された。40歳であった。病院で発表された声明では、このような重傷を負った後で数分以上生存することは、誰にとっても不可能であると述べられた。地元のニュース局がジョンの死を報道するとすぐに、病院とダコタ・ハウスの前に群衆が集まり始めた。ジョンは1980年12月10日、ニューヨーク州ウエストチェスター郡のファーンクリフ墓地で火葬され、遺灰 はヨーコに渡されたが、彼女はジョンの葬儀は執り行わないことを決めた。全米にジョンの死を伝えた最初のメディアによる報道は、 ABCのNFL中継番組『マンデーナイトフットボール』での、コメンテーターのハワード・コーセルによるアナウンスだった。














john-lennon-assassination-gun-henry-leutwyler.png















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif