永遠の夢に向かってトライスター・ピクチャーズ

 

トライスター・ピクチャーズ

トライスター・ピクチャーズ















maxresdefadsdssd.jpg















Sony Pictures Entertainment Inc.




































トライスター・ピクチャーズ(TriStar Pictures, Inc., 1991年までの綴りはTri-Star, トライ・スター)は、1982年に設立されたコロンビア映画の子会社。現在はソニー・ピクチャーズ傘下にある。1982年、慢性的に膨張する映画製作費を折半するため、当時コカ・コーラ資本下にあったコロンビア映画と、HBO, CBSの共同出資によって設立された。初めて配給をした映画は『ナチュラル』。2作目には、かつてMGMが製作した『ボーイハント』をリメイクするが、こちらは興行的に失敗で終わっている。1984年にCBSが、1987年12月にHBOが事業から撤退したため、コロンビア映画が一手に引き受けることとなり、コロンビア・ピクチャーズ・エンターテイメントによって買収される。しかし、その後もトライスターとコロンビア映画の両社は、それぞれ別名義で映画製作・配給を続けていた。1989年、コカ・コーラのエンターテイメント事業がソニーによって買収され、トライスターとコロンビア映画はソニー・ピクチャーズ傘下へと編入されるが、ここでも両社の名義は残されている。1998年夏、ソニー・ピクチャーズはトライスターとコロンビア映画を「コロンビア・トライスター・ピクチャーズ」として再編成するも、三たびそれぞれの部門は独自名義を残したまま映画製作・配給を継続した。2004年にトライスターは、“ジャンルごとの特色を強調する”ための製作部門として事業を再発進させている。配給のみを担当するケースもある。米ソニー・ピクチャーズが、トライスターの製作部門を復活させることになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。トライスターはソニー・ピクチャーズ傘下の映画製作会社で、ペガサスのロゴで知られる。しかし、2004年以降はジャンル映画専門の配給会社となり、「LOOPER ルーパー」や「第9地区」といった作品の米国配給を手がけていた。ソニーはこのほど、製作会社トライスター・プロダクションを発足させ、20世紀フォックスで18年のキャリアを持つトム・ロスマンが指揮を執ることになる。トム・ロスマンは、昨年(2012年)までフォックスで共同会長を務めており、映画監督との太いパイプと財政規律を重んじる経営姿勢で知られている。トライスター・プロダクションは年4本を上限に映画を製作し、すべて自社作品として公開。さらに、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン向けにテレビドラマの企画開発を行うことになるという。トム・ロスマンは、現フォックス会長のジム・ジアノプロス氏とともに率いてきたが、ドリームワークス・アニメーションとの配給契約に関して、親会社ニューズ・コーポレーションに強く反対したことがきっかけで解雇になったという噂がある。ソニー・ピクチャーズの映画製作部門のトップに、元FOXの重役のトム・ロスマンが就任することになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。ソニーは、ハッキング騒動の影響で長年映画部門を指揮してきたエイミー・パスカル共同会長が辞任を表明していた。トム・ロスマンは2000年から12年までフォックス・エンタテイメント・グループで現会長のジム・ギアノプロスと共同で会長を務めた人物で、2013年からはソニーのトライスター・ピクチャーズ部門を率いていた。エイミー・パスカル氏がクリエイターとの関係を大切にするタイプだったのに対し、トム・ロスマンはコスト重視の姿勢で知られるため、今後、ソニー映画の作風が変わることになる。














STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif