永遠の夢に向かってゲット・ラッキー

 

ゲット・ラッキー

ゲット・ラッキー















maxresdefault (6)















ダフト・パンク(Daft Punk)































「ゲット・ラッキー」(Get Lucky)は、2013年4月19日に発売されたダフト・パンクの18枚目のシングル。発売元はDaft Life、Columbia Records(Sony Music Entertainment)。前作「Derezzed」から3年ぶりのシングル。ボーカルにはファレル・ウィリアムス、ギターにはナイル・ロジャースが参加。ダフト・パンクはファレルとマドンナのパーティで出会い、そこでファレルが「タンバリンを叩くだけでもオレはやるつもりだ」と話し、楽曲制作に参加することが決まった。その後パリで会った際にファレルが音楽的に「ナイル・ロジャースなムード」を2人に伝えると、すでにダフト・パンクはナイル・ロジャースとのレコーディングを行っており、ファレルは「クレイジーな話だよ。大西洋の反対側にいながら、オレたちの心は同じ場所にあったんだから」と振り返っている。リリース後は32か国以上でチャート1位を記録し、930万枚を売り上げた。2014年に行われた「第56回グラミー賞」で最優秀レコード賞と最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンスを受賞。ステージ上でのパフォーマンスでは、ファレルとナイル・ロジャースのほかにゲストボーカルとしてスティーヴィー・ワンダーが参加した。この曲がきっかけでファレルはダフト・パンク所属のコロムビアからアルバム制作のオファーを受け、コロムビアへ移籍することとなった。














STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif