永遠の夢に向かってライダーズ・オン・ザ・ストーム

 

ライダーズ・オン・ザ・ストーム

ライダーズ・オン・ザ・ストーム















amberalert_convert_20170907023521.jpeg
















The Doors – Official Website Of The Doors





































『L.A.ウーマン』(L.A. Woman)は、1971年にリリースされたドアーズのアルバム。ジム・モリソンが参加した最後のアルバムとなった。結果的には、4人揃ったドアーズとしての最後の作品となった。ドアーズの作品の中でもブルース色の濃い作品の一方、「L.A.ウーマン」など、それまでのドアーズの作品には無い、スピード感溢れる軽快な曲も含まれている。一方、アルバムの最後を飾る「ライダーズ・オン・ザ・ストーム」は哀感に満ちた内容で、直後のジムの死を予感させる曲とも言われる。アルバム制作に際しては、前作までのプロデューサー、ポール・A・ロスチャイルドと決別し、エンジニアのブルース・ボトニックとメンバーの共同プロデュースとなった。殆どの曲は、デビュー・アルバム同様に一発録りに近い形式で録音されており、またジムのボーカルは、浴室を使って収録されたと言う話もある。ジムは、本作の録音を終えるとパリに旅立ち、結局そこで死を迎える事となった。ジムは、バンドのボーカルとしての自分に嫌気が差していたと言われているが、メンバー曰く、本作の後もバンド名義によるアルバム制作に意欲を持っていたという。













572f97fdc8fca8c6c3e757d13f39e5f0.jpg
















STAR








Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
AT THE HOP  ←AT THE HOP 【2017年09月】の更新記事一覧 →Pills  Pills
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif