『Call Me』

『Call Me』















52376901sp001-cbgb.jpg
















Blondie Official Website











































当時、ロック雑誌の表紙に良く登場してた彼らが、売れてた一番の理由は、デボラ・ハリーの自由奔放な振る舞いと、美人で可愛らしい雰囲気、そして、その高くて美しい声があったからだと思う・・・と言うのも、パティ・スミスやトーキング・ヘッズが出入りするライブハウスに、彼女も出入りしていたと言うので、そこでパンク・ロックを散々聴いていたろうから、影響されて当たり前でしょう・・・『CBGB』と言えば、ニューヨークパンクシーンの殿堂と言うべきライブハウス・・・そこに出入りしてたデボラ・ハリーだから、型にハマらない、自由奔放なデボラ・ハリーには、とても居心地の良い場所だったに違いない。そこで出会ったクリス・シュタインとバンドを創る事になる・・・それが、ブロンディ (BLONDIE) 。アメリカのロック・バンド。女性ボーカリスト、デボラ・ハリーが在籍し、1970年代末から隆盛した「ニュー・ウェイヴ」の代表的グループとして知られる。1982年に一度解散したが、1997年に再結成。全世界のアルバム・セールスは4000万枚以上。2006年『ロックの殿堂』入り。1974年、ガールズ・バンド「スティレットーズ」に所属していたデボラ・ハリーと、バックバンドにいたクリス・シュタインが中心となって結成された。「ブロンディ」というバンド名は通りがかりのトラックの運転手がデボラ・ハリーにかけた言葉("Hey Blondie"=「よぉ、ブロンドのお姉ちゃん」)に由来する。1975年にはデボラ・ハリー、クリス・シュタイン、クレム・バーク、ジミー・デストリ、ゲイリー・バレンタインというメジャーデビュー時のメンバーが揃い、CBGBなどのニューヨークの有名クラブに出演することで徐々に地元で人気を獲得していく。1976年にデビュー・アルバム『妖女ブロンディ』発表。直後にバレンタインが脱退(ただし次作にも曲提供している)し、フランク・インファンテが新ベーシストとなるが、間もなく元シルヴァーヘッドのナイジェル・ハリスンがベーシストとして加わったため、インファンテはギターに持ち替えた。1979年、シングル曲「ハート・オブ・グラス」のヒットにより一躍、人気バンドになる。デボラ・ハリーはセックス・シンボルとしても大いに注目されるようになる。1980年、デボラ・ハリーとジョルジオ・モロダーが共同で作詞作曲した「コール・ミー」は、映画『アメリカン・ジゴロ』に提供され、米英でナンバーワン・ヒットとなった。途中メンバーのソロ作制作もはさみながら活動を続けたが、クリス・シュタインがまれな自己免疫疾患である 尋常性天疱瘡にかかっていることが判明。デボラ・ハリーはシュタインの看病に当たることを決め、バンドは1982年に解散した。1981年、映画007 ユア・アイズ・オンリーの主題歌候補として「For Your Eyes Only」(詞も曲も異なる)を歌うが、最終選考でシーナ・イーストンに敗れた。1997年に再結成。1999年、再結成後初のシングル「マリア」をリリースし、19年ぶりに全英ナンバーワンを獲得した。1999年には17年ぶりの7thアルバム『No Exit』を発表。その後は『The Curse of Blondie』(2003年)、8年ぶりの作品『Panic of Girls』(2011年)、デビュー40周年作品『Blondie 4(0)-Ever』(2014年)、最新作『Pollinator』(2017年)[4]など、アルバムリリースを重ねている。2006年にロックの殿堂入り。当初はニューヨーク・パンク・バンドの一つとされていたが、後に「ハート・オブ・グラス」でディスコを、「ラプチュアー」ではラップ、さらに「夢見るNo.1」ではレゲエといった、当時最先端の音楽にも手を広げ、ニュー・ウェイブの範疇で評価されることもあった。同時に、ドゥーワップ・グループのランディ&ザ・レインボウズの「デニスに夢中」をカヴァーしたり、ガレージ・ビート系のアレンジを積極的に取り上げるなど、新旧織り交ぜた音楽性を魅せた。













Call Me
BLONDIE(1980)
 
Color me your color, baby.
Color me your car.
Color me your color, darling.
I know who you are.
Come up off your color chart.
I know where you're coming from.
 
わたしをあなたの色に塗りたくってよ、ベイビー
あなたの車と同じように
わたしをあなたの色に塗りたくってよ、ダーリン
あなたが何者なのか、わかってるから
あなたの思い描く色で構わない
あなたがどこから近づいてるのかも、わかってるから
 
Call me (call me) on the line.
Call me, call me any anytime.
Call me(call me)I'll arrive.
You can call me any day or night.
Call me!
 
連絡して、この番号へ
電話して、いつでも、いつだっていいから
電話してよ、愛してるから
昼だろうと夜だろうと、あなたの好きなときで構わないから
電話してよ!
 
Cover me with kisses, baby.
Cover me with love.
Roll me in designer sheets.
I'll never get enough.
Emotions come, I don't know why.
Cover up love's alibi.
 
わたしをキスで覆い尽くしてよ、ベイビー
あなたの愛で覆ってよ
シャレたシーツでわたしの身体を包んでよ
満足なんて、できはしないけど
湧き上がる感情の意味なんて、わたしにはわからない
彼女への言い訳なんて、今は覆い隠してよ
 
Call me (call me) on the line.
Call me, call me any anytime.
Call me (call me)I'll arrive.
When you're ready we can share the wine.
Call me.
 
連絡して、この番号へ
電話して、いつでも、いつだっていいから
電話してよ、愛してるから
あなたが来てくれたら、2人でワインのようなひとときを分かち合えるわ
だから電話して
 
Ooh, he speaks the languages of love.
Ooh, amore, chiamami (chiamami).
Ooh, appelle-moi, mon cheri (appelle-moi).(※)
Anytime, anyplace, anywhere, anyway!
Anytime, anyplace, anywhere, any day!
 
ああ、彼は愛の言葉を口にするわ
amore、chiamamiって
appelle-moi、mon cherieって
いつでも、どこでも、どんな場所でも、そんなこと構わずに
いつでも、どこでも、どんな場所でも、どんな時でも
 
Call me (call me) in my life.
Call me, call me any anytime.
Call me (call me) for a ride.
Call me, call me for some overtime.
Call me (call me) in my life.
Call me, call me any sweet desire.
Call me, call me for your lover's lover's alibi.
Call me (call me) inner line.
Call me, call me any anytime.
Call me.
Oh, call me, ooh ooh ah.
Call me in my life.
Call me, call me any anytime
 
連絡してよ、愛してるから
電話して、いつでも、いつだっていい
電話してよ、ドライブに行こう、でもいい
電話してよ、遅くなってもいいから
電話してよ、愛してるから
電話してよ、甘い欲望を聞かせてよ
電話してよ、あなたの彼女への言い訳を考える為に
連絡してよ、この電話へ
電話して、いつでも、いつだっていい
電話してよ
電話してよ、愛してるから
電話して、電話してよ、いつでもいい、いつだっていいから















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif