永遠の夢に向かってMADISON SQUARE GARDEN 4

 

MADISON SQUARE GARDEN 4

MADISON SQUARE GARDEN 4















original-affinia-hotel-madison-square-garden.jpg
















Madison Square Garden - Official Web Site






























マディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden、略称:MSG)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区の8番街と31-33丁目にあるスポーツアリーナおよび、エンターテイメント会場である。単に "Garden" とも呼称され、日本語表記の記事ではマジソン・スクエア・ガーデンと表記している記事もある。2万人収容のスポーツアリーナと、5千人収容のシアターなどで構成されている。当初の建物はマディソン・スクエア公園の北側に建てられたことが、名前の由来である。マディソン・スクエア・ガーデンの建物は過去に4回の移設があり、一番初めにあった場所が実際にマディソン・スクエアという名前だった。現在の建物は1968年に完成した。これは、ペンシルベニア駅の敷地の上に建っている(駅は地下にある)。荘厳なボザール様式の旧駅舎を取り壊し、駅舎とマディソン・スクエア・ガーデンを新築する際には歴史建造物保存の観点から反対運動も起こった。NBAのニューヨーク・ニックス(バスケットボール)、NHLのニューヨーク・レンジャース(アイスホッケー)、NLLのニューヨーク・タイタンズ(ラクロス)のホームであり、大規模なコンサート会場であることで有名である。また、プロレスやボクシング、サーカスの興行においても重要な歴史を持つ。19世紀からプロレス・ボクシングの試合が行われ、WWEがWWWF時代よりMSGを本拠地として定期戦を行い、年間最大の大会であるレッスルマニアを最初に行った会場という所以である種の神聖視をしていることや、ジャイアント馬場、アントニオ猪木、藤波辰巳ら日本人レスラーもMSGのリングに上がり活躍していたことから「格闘技の殿堂」としても馴染みが深い会場である。また、ニューヨークという世界的に影響力のある都市の主要コンサート会場であることから、世界中のロックミュージシャンなどがこの会場を目指している。1874年:5番街と23丁目にあるマディソン・スクエア公園の北側(マディソン・アベニューと26丁目の角、現在のニューヨークライフビルの位置)に、サーカス・プロモーターのP・T・バーナムが「モンスター・クラシック&ジオロジカル・ヒッポロドーム」として設立。その後、オーケストラ指揮者のパトリック・ギルモアが借り受け、“ギルモアズ・ガーデン”に改称。1878年:W・タイルストンによって買収され、“マディソン・スクエア・ガーデン”と改称(初代マディソン・スクエア・ガーデン)。1889年:改築(二代目マディソン・スクエア・ガーデン)。1925年:8番街と49-50丁目(現在のワールドワイドプラザの位置)に移転(三代目マディソン・スクエア・ガーデン)。1964年:現在の位置に移転・着工(10月29日)。1968年:完成、開業(2月11日)。1989年 - 1991年:大規模改修。2011年 - 2013年:二回目の大規模改修。2016年:UFC 205がゲート収入1,770万ドルを記録し、1999年のレノックス・ルイス対イベンダー・ホリフィールドが記録した1,350万ドルの会場記録を更新した。2023年:この年にペンシルベニア駅の敷地のリース契約が切れるため、それまでに新しい場所へ移転するか契約の更新をしなければならない。現在の移転先の有力候補は数ブロック南西の郵便施設の敷地(9-10番街と28-30丁目のブロック)。


ドント・アスク・ミー・ホワイ (Don't Ask Me Why)

『グラス・ハウス』(Glass Houses)は、ビリー・ジョエルが1980年に発表したアルバム。通算7作目。全米アルバム・チャートで6週連続1位。ビリーにとって2作目の1位獲得アルバムとなった。アルバム・ジャケットで、石を持ったビリーが狙っている家は、ビリーが一時所有していた邸宅。多くのゲスト・プレイヤーを起用した前作とは対照的に、レギュラー・バンドによる演奏を前面に出しており、ロック色の強い内容となった。イギリスでは「レイナ」が第1弾シングルとなり、全英40位に達した。本国アメリカでも、当初は「レイナ」が第1弾シングルとなる予定だったが、「ガラスのニューヨーク」に変更され、全米7位に達する。第2弾シングル「ロックンロールが最高さ」はビリーにとって初の全米シングル・チャート1位獲得を果たした。他に「ドント・アスク・ミー・ホワイ」(全米19位)、「真夜中のラブコール」(全米36位)といったシングル・ヒットも生んだ。グラミー賞の男性ロック・ボーカル部門を受賞。













STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif