永遠の夢に向かってアイコ・アイコ

 

アイコ・アイコ

アイコ・アイコ















b3fd1b433c58f092356b9e992b9680da.jpg
















Captain Jack - Iko-Iko






























「アイコ・アイコ」 (Iko Iko) は、アメリカ合衆国・ニューオーリンズの代表的なフォークソング。1965年にディキシー・カップスによって歌われ有名になった。原曲はジェイムズ・"シュガー・ボーイ"・クロフォードの「Jock-A-Mo」。1954年にチェッカー・レコードより発表された。この「IKO IKO」という曲は、50年代の初めにニューオーリンズのジェームズ・クロウフォードによって録音され、60年代にはディキシー・カップスというガール・グループによってカヴァーされました。その後、1972年にドクター・ジョンが『ガンボ』というアルバムでカヴァーしたものが有名です。そのCDに入っているのがダミ声のヴォーカルだったら、このドクター・ジョンのヴァージョンかもしれません。この曲ですが、元々は「Jockamo」というタイトルでした。「Jockamo」とは現地の伝話に出てくる「おどけ者」とでもいったような意味です。ルイジアナ地方に植民したフランス人やスペイン人、そしてその血を受け継ぐ人たちのことを「クレオール」といいますが、この曲の中には、その「クレオール」の言語というか方言がかなり入っています。ですから英語に聞こえない個所というのは、その部分だと思います。タイトルの「IKO IKO(アイコ・アイコ)」は、「(オールライト、オールライト)Alright, Alright」みたいなものだと思って下さい。この歌はニューオーリンズのマルディグラ・インディアンを題材にしたもので、マルディグラ(謝肉祭の最終日)にインディアンの扮装をしたグループ同士がぶつかり合う様子が歌われている。コーラス部分の歌詞は、マルディグラ・インディアンのチャント (Chant) を引用している。この曲は現在まで多くのアーティストによってカバーされている。よく知られているのは、セカンド・ライン・リズムが強調されたドクター・ジョンによるバージョン(1972年のアルバム『ガンボ』収録)、第61回アカデミー賞で作品・監督・主演・脚本賞を受賞した1988年の映画『レインマン』のオープニングで使われたベル・スターズの歌ったバージョンなどである。また、マルディグラ・インディアンのグループによるものとしては、ワイルド・マグノリアスのバージョンがよく知られている。日本では、ホンダ・ステップワゴン(3代目前期型。2005年-2007年)のテレビCMに使用されていた。このバージョンはCM用オリジナル録音であり、アーティスト名は公開されていないが、雰囲気はディキシー・カップスに近いものとなっている。キャプテン・ジャック (CAPTAIN JACK) は男性ボーカルと女性ボーカルの二人からなるドイツの音楽グループである。軍隊の行進曲をモチーフにしたアッパーな曲を中心に主にドイツなど欧州で人気を博し、結成してからフランキー・ジーが死去するまで10年ほどの間に、アルバムとシングルで700万枚以上を売り上げた。日本ではE-Roticなどと並んで東芝EMIのダンスコンピレーションアルバムDancemaniaの主要アーティストとしても知られている。 1999年と2001年の2回来日したことがあり、1999年にはDDRのパフォーマンス大会「Dance Dance Revolution King Of FreestyleDancers」のゲストとして出演。













STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif