マスタング

マスタング















05c34486ec0e6291cd60d849ce22d2b2--mustang-cars-mustang-mach-.jpg

















Official Ford Mustang Website























































マスタング(Mustang)とは、アメリカ合衆国の自動車メーカー、フォード・モーターが製造販売する乗用車である。日本ではフォードジャパンがカタカナ名称を決める前はムスタングとも表記された。開発開始当時副社長であったリー・アイアコッカの指導下で、第二次世界大戦以降に出生したいわゆるベビーブーマー世代向けの中型車として開発がスタートした。1964年4月17日から開催されたニューヨーク万国博覧会の初日に発表された初代マスタングは、後発(1968年)の4ドアセダンであるフォード・トリノより低価格ながら、スポーティーな外観と充分な性能、フルチョイスシステムと呼ばれる多彩なオプション群と巧みな広告戦略によって、ターゲットだったベビーブーマー以外の心も掴み、1960年代中盤の好景気と相まって、フォード・モデルT以来といわれる同社の大ヒットとなった。初代マスタングの販売戦略とその成功は、日本において1970年に発売されるトヨタ・セリカにも多大な影響を与えたと言われている。マスタングはフォードのみならずアメリカを代表するスポーツカー(スポーティーカー)として途切れることなくモデルチェンジを重ねている。アメリカ国外においても、フォードの象徴としてだけでなく、最廉価グレードのV型6気筒エンジン搭載の2014年モデルで22,200ドルと比較的低価格で社外品のパーツも潤沢なため、カスタムベースとしての人気も高い。初代から現行型まで一貫して2ドアに4人もしくは5人乗りのレイアウトで、マッスルカーもしくはポニーカーと呼ばれる2ドアクーペ(ハードトップ)に分類される。他の代表的なポニーカーとしては、ダッジ・チャレンジャーやシボレー・カマロ、ポンティアック・ファイヤーバードなどがある。マスタングとは野性馬を意味し、その名は第二次世界大戦後期に活躍した戦闘機、ノースアメリカンP-51マスタングともイメージを重ねたと言われている。なお、当初はイタリア北部の都市の名前を取ったトリノという名前になることが決定していたが、当時のフォード会長のヘンリー・フォード2世が当時イタリア人のクリスティーナ・ベットーレ・オースティンと不倫中であったため、スキャンダルの報道に油を注ぐようなイタリアの名前を避けて、広告代理店のJ・ウォルター・トンプソンらと再考した結果クーガー(アメリカライオン)とマスタングの2つの名が残り、最終的にマスタングに決定した。ちなみにフォードは後にフォード・トリノという車種を発売し、また、クーガーの名称は、後にマーキュリーブランドのラグジュアリークーペに採用されている。マスタングにはおおまかに分けて7世代のモデルが存在する。なお、文献などによっては1964年 - 1973年までのモデルを初代とする場合と、1971年 - 1973年までを3代目とする場合もあるので注意を要する。初代(1964年 - 1968年)1959年に発売されたフォード車初の小型車で、大ヒットモデルとなっていたフォード・ファルコンをベースとしたスポーティーカーとして、1964年にコンバーチブル及びハードトップのラインナップで登場した。バランスの良いスタイリングと性能、広告代理店の巧みなマーケティング戦略で発売当初から高い売れ行きを記録し、アメリカの自動車史に残る大ベストセラーとなった。標準装備を簡素にして本体価格を抑える代わりに、オートマチックトランスミッションやビニールレザーシート、ホワイトリボンタイヤなど多彩なオプションを用意する「フルチョイスシステム」を導入したことで、幅広い年齢、収入層に受け入れられることとなった。1965年にファストバックが追加。トップモデルはGTで、1967年モデルは映画ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFTに緑色に白のストライプバイナルで登場。1968年モデルは映画ブリットに登場している。マスタングのシンボルマークが車体の左右にもつけられていた。2代目(1969年 - 1973年)初代に比べ大型化され、価格も全体的に上昇して登場した。ファストバックの名称はスポーツルーフに変更された。レース用ホモロゲーションモデルであるBOSSシリーズが追加され、1969年にハイパワーモデルのMach 1[1][2](日本では通常「マッハ1」と呼ばれる)が追加された。BOSSシリーズには、1969年と1970年モデルにBOSS302とBOSS429の2タイプがあり、特に前者はトランザムシリーズのホモロゲーションモデルであった。BOSS429はビッグブロックのヘミエンジンが搭載されていて、カタログスペック上は375馬力であるが実際には600馬力近くあったと言われている。1971年にはBOSS351の1種類のみになっている。マッハ1は、1969年と1970年モデルでは428cu.in.CJ(コブラジェット)を搭載し、1971年モデルでは歴代最大の429cu.in.CJを搭載し、さらにオプションでS-CJ(スーパーコブラジェット)ラムエアインテークを装備していた。しかし翌年からは351cu.in.のみになった。栃木県警察にマッハ1の1973年モデルのパトロールカーが高速取締用車両として導入(寄贈)され、鹿沼市の免許センターに展示されている。映画では1971年モデルが『007 ダイヤモンドは永遠に』のボンドカーに採用され、1973年モデルが『バニシングin60″』で主役のエレノア(エレナー、ELEANOR)として約40分間のカーチェイスシーンがある。当初はそれなりの販売台数であったが、1代目よりも大型化、ハイパワー化したため燃費が悪化し、アメリカで1970年代初頭に起きたオイルショックによる小型化、低燃費指向への対応ができず、最終的には販売が低迷してしまった。なお、英語版では1973年モデルまでを初代として扱っており、英語圏の資料でも同様の記述が多く見受けられる。
















DEP8JOBWAAA4qgc.jpg

















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif