永遠の夢に向かってカリフォルニアの青い空

 

カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空















32431660_convert_20170724015315.jpg
















It Never Rains In Southern California - Albert Hammond





































「カリフォルニアの青い空」(It Never Rains In Southern California)は、アルバート・ハモンドが1972年に発表した楽曲。作詞作曲はアルバート・ハモンドとマイク・ヘイズルウッド。ハモンドはイギリス出身のシンガーソングライターで、1970年代初めにアメリカ合衆国に移住した。本作品は同名のアルバム『It Never Rains in Southern California』に収録されており、ビルボード(Billboard)誌で、1972年12月16日に、週間ランキング最高位の第5位を獲得。ビルボード誌1972年年間ランキングは第33位。イギリスでは、ドゥービー・ブラザーズの「Listen to the Music」とともに、ラジオでの放送回数が多い、いわゆる「ターンテーブル・ヒット」の典型となり、頻繁に放送されたにもかかわらず、チャート入りすることはなかった。1970年代を通して、このレコードは少なくとも5回、複数のレーベルから再発売されたが、さらに放送される機会が重なったにもかかわらず、イギリスのトップ40チャートに入ることはなかったが、今でもしばしばラジオで放送されることがある。歌詞の内容は、ハリウッドでの成功を目指してカリフォルニア州へやってきた俳優が、何ら成功を掴むことができず、悪戦苦闘の末に自暴自棄になる姿を歌っている。コーラスの部分では「カリフォルニアでは雨は降らないけど、そう言えばこうも言われてたね。振れば土砂降り、ああ土砂降りだ。 (It never rains in California, but girl don't they warn ya. It pours, man it pours.)」と歌われる。1989年、ハモンドはベスト・アルバム『Best of Me』のために、この曲の再録音を行なった。アルバート・ハモンド(Albert Hammond)は、イギリス出身のシンガーソングライター。「カリフォルニアの青い空」のヒットで知られる。息子はザ・ストロークスのアルバート・ハモンドJr.。OBE。ジブラルタル出身の両親の元にロンドンで生まれる。両親が第二次世界大戦の影響でジブラルタルからロンドンへ避難していた時に生まれた子供であった。大戦後にジブラルタルへ戻り、幼少期をそこで過ごした。1960年にジブラルタルでThe Diamond Boysというバンドを組んでいたが、あまり成功しなかった。しかしジブラルタルに近いスペインの音楽シーン(Miguel Ríosなど)には影響を与えたといわれている。1969年にはイギリスのボーカルグループ、The Family Doggに参加。同グループの「A Way of Life」はUKでトップ10ヒットを記録した。1970年代に入り、アメリカ合衆国に移住。「カリフォルニアの青い空」が大ヒットを記録した。シングルは、ビルボード(Billboard)誌で、1972年12月16日に、週間ランキング最高位の第5位を獲得。ビルボード誌1972年年間ランキングは第33位。その後、「フリー・エレクトリック・バンド」や「落ち葉のコンチェルト」などが日本でヒットした。また作曲者としては、ホリーズの「安らぎの世界」やレオ・セイヤーの「ウェン・アイ・ニード・ユー」、カーペンターズの「青春の輝き」などのヒット曲を作曲している。1981年には「風のララバイ」が、日本でヒットした。2000年に、大英帝国勲章を授与された。













STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
アメリカ南部  ←アメリカ南部 【2017年07月】の更新記事一覧 →マスタング  マスタング
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif