永遠の夢に向かってSay Goodbye To Hollywood

 

Say Goodbye To Hollywood

Say Goodbye To Hollywood















1888321280x720.jpg
















Billy Joel-Say Goodbye To Hollywood































ビリー・ジョエルは1971年にいったんデビューし、1973年に再デビューしますが、1970年代前半は必ずしも順風満帆(じゅんぷうまんぱん)というわけではありませんでした。彼の名声が広く知れ渡ったのは、1977年の『ストレンジャー』の大ヒットの結果でした。とはいえ、『ストレンジャー』以前もビリー・ジョエルはいい作品を作っていました。1973年の『ピアノ・マン』(こちらはそれなりにヒットしました)もそうですが、何よりも1975年の『ニューヨーク物語』は、『ストレンジャー』と肩を並べる名作品です。その冒頭の1曲が、今回の「さよならハリウッド(Say Goodbye To Hollywood)」です。『ストレンジャー』でスターダムにのし上がってから、彼は“屋根裏部屋に埋もれていたナンバーをライヴで再提示する”という意図のライヴ盤を発表します。1981年の『ソングズ・イン・ジ・アティック』というのがそのライヴ盤ですが、「さよならハリウッド」はここにも収録され、あらためてシングル曲としても知られるようになりました。『ニューヨーク物語』(Turnstiles)は、ビリー・ジョエルが1976年に発表したアルバム。通算4作目。ビリーは本作の制作に当たって、デビュー当時の活動拠点だったロサンゼルスを離れ、故郷のニューヨークに戻った。そのことが「さよならハリウッド」や「ニューヨークの想い」の歌詞に反映されている。また、「夏、ハイランドフォールズにて」「マイアミ2017」もニューヨークを題材とした曲(後者は、近未来にニューヨークが破壊され、マイアミに移住して、かつてのニューヨークのことを伝えていくという設定の歌詞)。制作開始当初は、シカゴのプロデューサーとして知られるジェイムズ・ウィリアム・ガルシオをプロデューサーに起用し、コロラド州の「カリブー・ランチ」スタジオ(ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオが所有するスタジオ)で、エルトン・ジョン・バンドのナイジェル・オルソン(ドラムス)、ディー・マレイ(ベース)らが参加してレコーディングが行われたが、ビリー本人が作品の出来に満足できなかったため、ニューヨークに戻り、ビリーのセルフ・プロデュースで改めてレコーディングが行われたものである。本作に参加したミュージシャンの何人かは、以後ビリーのレギュラー・バンド(ビリー・ジョエル・バンド)のメンバーとして活動を共にすることとなる。テクニカルなピアノのイントロから始まる「プレリュード/怒れる若者」は、ビリーがライヴで好んで演奏する曲の一つで、1987年の旧ソ連公演や2006年のツアー等でオープニングを飾った。発売当時は、セールス面で大きな成果を挙げられず、チャート順位は前2作を大きく下回ったが、後のallmusic.comのレビューでは、「1970年代後半における『ストレンジャー』『ニューヨーク52番街』の成功への道を切り開いた、ビリーの最高傑作の一つ」と、評価が見直されている[1]。1981年には、「さよならハリウッド」のライヴ・ヴァージョン(ライヴ・アルバム『ソングズ・イン・ジ・アティック』収録)がシングルとして発売され、全米17位に達した。














STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif