沖縄戦

沖縄戦















hacksawridgemarkrogers-d46-18799jpg_convert_20170710002429.jpeg
















映画「ハクソー・リッジ」公式サイト



































































父は胸を撃たれ息絶えた

「ハクソー・リッジ」で描かれなかった住民の犠牲 “地獄”を見た少年、父は胸を撃たれ息絶えた。沖縄戦時の前田高地(ハクソー・リッジ Hacksaw Ridge)を舞台にした米映画「ハクソー・リッジ」。日米両軍の激しい戦闘シーンの裏で、スクリーンには映し出されない多くの民間人もまた、戦渦を逃げ惑い、命を落とした。浦添村(当時・うらそえむら)前田で生まれ育ち、当時小学3年生だった富本祐二さん(82歳)も沖縄戦に巻き込まれた一人だ。辺り一面、真っ黒だった」。今では、木々が生い茂り、時折小鳥のさえずりが聞こえる前田高地(ハクソー・リッジ Hacksaw Ridge)の一帯。72年前の同じ場所で、富本さんは緑一つない焼け野原を目にし、鳴りやまない爆撃音におびえていた。1945年4月1日朝、米軍が沖縄本島に上陸し、富本さんら家族10人は首里へ逃げた。逃げる途中も砲弾が飛び交い、そのたびに身を隠し、死を覚悟した。「どうせ死ぬなら、生まれた島で死のう」という父の呼び掛けで、前田に引き返すことに。道中は首里へ逃げる人たちであふれていた。着物に火がついたまま逃げ惑う女性もいた。前田に戻った富本さん一家は、先祖の墓近くの壕に避難した。常に膝を抱えて座らなければならないほど狭かった。乾燥させた芋を食べ、飢えをしのいだ。5月下旬ごろ、水くみに外へ出た父が米兵に胸を撃たれた。まるでホースから水が出るように父の胸から血が噴き出し、バケツを持つ手はぷるぷると震えていた。「ほら、水だよ」。瀕死(ひんし)の状態で水を運んだ父は、そう言って亡くなった。一家は数時間後に米軍の捕虜になり、壕を出ると焼け野原に無数の死体があった。「私たちはいつ焼かれるのか」とつぶやいた母。誰も、生きて帰れるなんて思っていなかった。民間人を巻き込んだ日米両軍の死闘で前田地域に残ったのは、地面を掘っても掘っても出てくる銃弾や砲弾の残骸の山だった。戦後、皮肉にも朝鮮戦争の特需で高く売れたという。浦添市(うらそえし)史によると、浦添村(当時・うらそえむら)では人口9217人のうち44・6%が死亡。特に前田地域では549人が犠牲となり、戦死率は58・8%にも上った。富本さんは静かな声でつぶやいた。「多くの民間人が亡くなった。戦争は二度とあってはならない。私のような経験は何があっても子や孫の世代にさせたくない」。


米国軍がこう呼んだ『前田高地・ハクソー・リッジ(Hacksaw Ridge)』

第二次世界大戦における米国軍の戦いと、一人の衛生兵の活躍を描いた映画「ハクソー・リッジ」が2017年6月24日に日本で公開された。メル・ギブソン監督の10年ぶりの作品として2016年11月4日に米国で公開。大戦末期の壮絶な戦闘を描いており、後半ではリアルで凄惨なシーンも多い。タイトルからは連想しづらいが、実は映画の後半で描かれる激戦地「ハクソー・リッジ」は、沖縄・浦添市(うらそえし)の「前田高地(ハクソー・リッジ Hacksaw Ridge)」のことだ。のこぎりのようにそびえ立つ、高さ150メートルの断崖絶壁の崖を指し、米国軍がこう呼んだという。しかしこの映画、日本公開にあたって、タイトルでも予告編でも「沖縄」を示す言葉は一切ない。公式サイトでも、用語解説としてハクソー・リッジが沖縄のある場所を指すことは書かれているが、あらすじ紹介ではそのことに触れていない。映画ファンのあいだで「実話をベースにしたストーリーでありながら、なぜ?」「不自然に思える」など疑問の声が上がっていた。宣伝において「沖縄」の明示を避ける理由、そして現地の人々の心象は。


沖縄表記を避けたのは「配慮」

BuzzFeed Newsは、配給会社のキノフィルムズと浦添(うらそえ)市役所に話を聞いた。沖縄表記を避けたのは「配慮」。「沖縄の表記を前面に出していないのは、沖縄の方への配慮。舞台が沖縄であることにフォーカスして宣伝することで、観た後に複雑な思いを抱く人もいるのではないかと考えた」。キノフィルムズの担当者はこう話す。映画の中で描かれるのは一貫して米国軍から見た戦闘、そして一人の衛生兵の英雄的な活躍だ。宗教上の理由で「生涯、武器には触らない」と誓った主人公がその信念を貫き、戦場で医療行為をする衛生兵になる。彼が派遣される激戦地として「ハクソー・リッジ」での苛烈な戦闘が描かれる。敵味方関係なく手当てを施すシーンもあるが、物語の上では日本軍は明確に「敵」であり、その背景や舞台になった沖縄の地にはほとんど触れられない。実際、観た人の感想を見ると「一般住民の被害が描かれていないのが気になった」「アメリカ美談に感じた」などの声もあるのは事実だ。映画とはいえ「遺族や被害者が傷つく側面もあるかもしれない」という配慮という。公開前日の2017年6月23日が沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」だったことにも留意したという。「タイミング的にも、変に煽るようなイメージにはしたくなかった。全国的にうたうのは避けた」。「実話を元にしているが、エンターテインメント作品でもある。全国300館規模の公開にあたって、まずは1人でも多くの方に認知を広げたい」「いろいろなご意見があることは認識している。直接寄せられた中にも、沖縄をもっと前面に出すべきという声も、逆に、このような“反日的な”映画を公開するのかという声もあった」と複雑な思いを覗かせた。


映画の舞台、沖縄・浦添市(うらそえし)の反応は

「ハクソー・リッジ」、つまり前田高地のある浦添市(うらそえし)は、映画公開に合わせて、市のWebサイト上で現地の様子や当時の文献、歴史を紹介する詳細なページを公開した。映画では取り上げられない部分に目を向けてもらおうと、市民の大きな犠牲を示すデータも公開。この戦いに巻き込まれ、当時の浦添村(うらそえむら)の住民の44.6%が死亡している。市民から「前田高地(ハクソー・リッジ Hacksaw Ridge)を舞台にした映画が公開された」と情報提供があり、同作を認識したのが昨年末(2016年末)。今年(2017年)に入って日本での公開が決まり、配給会社と連携しながら情報公開を進め、関連イベントも開催してきた。国際交流課によると、沖縄県内の基地内で映画を観た米国人や、公開済みのオーストラリアや台湾からの観光客など、同作をきっかけに前田高地を訪れる人はすでに増えているという。外国人観光客のために、特設ページの英語版も現在準備中だ。浦添市(うらそえし)側は、宣伝文句や予告編に「沖縄」「前田高地(ハクソー・リッジ Hacksaw Ridge)」の言葉がないことに関してどう感じているのだろうか。「その点に確執はありません。なぜなら、浦添(うらそえ)で起こったこと自体が重要なのではなく、映画という入り口から、多くの方に平和についてあらためて考えてほしいから」。「その上で、前田高地(ハクソー・リッジ Hacksaw Ridge)に関心を持って現地を運んで下さる方には少しでも理解が深まる情報を届けたい。FacebookやTwiterでも大きな反響をいただいている。映画公開後、さらにこの輪が広がれば」と浦添市(うらそえし)の広報課は言う。

沖縄戦史















the-flamethrower-in-hacksaw-ridge_convert_20170710002503.jpeg

















STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ロコ・モーション  ←ロコ・モーション 【2017年07月】の更新記事一覧 →島唄  島唄
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif