永遠の夢に向かってストレンジャー

 

ストレンジャー

ストレンジャー















001066.jpg

















The Stranger Billy Joel








































『ストレンジャー』 (The Stranger) は、ロングアイランドのミュージシャン、ビリー・ジョエルの1977年のスタジオ・アルバム。過去の4作も成功を収めていた彼にとって、全米アルバムチャートに於いて最高2位となった。この成功は、ビリー・ジョエルと彼の曲を革新的手法で補ったプロデューサーのフィル・ラモーンの共同作業によるところが大きい。この実りある協力関係は、この後10年続く。内容の特色としては、「ムーヴィン・アウト」の末尾フェード・アウト部分には内燃機関エンジンのSE(サウンド・エフェクト)が重なり、ラスト・ナンバー「エヴリバディ・ハズ・ア・ドリーム」のアウトロで再び「ストレンジャー」の、ピアノと口笛による導入部が繰り返される。このアルバムからは、グラミー賞(最優秀レコード賞)を受賞した「素顔のままで」、アコースティック・バラードの「シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン」、若干の論議となった「若死にするのは善人だけ」、そして後にブロードウェイミュージカルの題材となった「ムーヴィン・アウト」がシングルカットされた。自身最大の1000万枚を売り上げ、サイモン&ガーファンクルの『明日に架ける橋』を抜き、当時のコロンビアレコードで最も売れたアルバムとなった。2003年にローリング・ストーン誌の「最も偉大な500のアルバム」に於いて、67位にランクイン。2008年7月7日には、アルバム発売30周年記念として「THE STRANGER (2 CD Legacy Edition)」がDVD付きで発売された。この2枚組CDアルバムには、フィル・ラモーンによってリマスタリングされたオリジナル・スタジオ録音版と、もう1枚には1977年のカーネギー・ホールで行われたライブからの未発表音源などが収録されている。付属するDVDの方には、アルバムのプロモーション用に当時収録されたライブ風のビデオ・クリップや、BBCの60分番組「Old Grey Whistle Test」に出演した映像で、1978年当時にはイギリスのBBC 2でしか放送されなかった貴重な映像などが収録されている。















STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
STAND BY ME  ←STAND BY ME 【2017年07月】の更新記事一覧 →シャンテイズ  シャンテイズ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif