永遠の夢に向かってI Want You To Want me

 

I Want You To Want me

I Want You To Want me















20120413dd2bc1.jpg















Letters To Cleo - I Want You To Want me




































































レターズ・トゥ・クリオ(Letters To Cleo)は、1990年に米国マサチューセッツ州ボストンで結成された5人組のオルタナティブロックバンドです。1991年に1stアルバム『Sister』でデビューしました。その後、3枚のCDをリリースしました。この曲は言わずと知れたチープトリックの名曲「甘い罠」(I Want You to Want Me)のカヴァーですが、映画『恋のからさわぎ』のエンディングで使われていて、映画に爽やかさと甘酸っぱさな余韻を残しています。「甘い罠」(I Want You to Want Me)は、アメリカ合衆国のロックバンド、チープ・トリックの楽曲。この曲は1975年に初演された後、1977年に発表されたバンドの2枚目のアルバム『蒼ざめたハイウェイ (In Color)』に収録され、このアルバムから最初にリリースされたシングルとなったが、全米チャートには登場しなかった。しかし、日本ではヒットし、チャートの首位に立った。この曲と、それに先んじて日本でシングルを出していた「今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)」、さらにその後に出された「サレンダー (Surrender)」がヒットしたことで、後に有名となった1978年4月の日本武道館でのコンサートが行われ、その模様はライブ録音されて、バンドにとっても最も成功したアルバム『チープ・トリックat武道館 (Cheap Trick at Budokan)』が生まれた。『チープ・トリックat武道館』からシングル・カットされた「甘い罠」のライブ版は、1979年にリリースされて Billboard Hot 100 の7位まで上昇し、バンドにとって最大のヒット曲となった。ライブ版のシングルは百万枚以上売れ、アメリカレコード協会からゴールドディスクの認定を受けた。カナダでは、『RPM』誌のチャートで2週間にわたって2位となった[6][7]。この曲のライブ版シングルは、イギリスでも、バンドにとって最大のヒットとなり、チャートの29位まで上昇した。このシングルは、カナダでも5万枚が売れ、1979年9月にゴールドディスクに認定された。















STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif