永遠の夢に向かってチャージング・ブル

 

チャージング・ブル

チャージング・ブル















imageXDGXG.jpg















Charging Bull NYC by Artist Arturo Di Modica









































ウォール街のブロンズ像の雄牛(ブル)。彫刻家・アルトゥーロ・ディ・モディカ(Arturo Di Modica)によって、1986年のブラックマンデー(NY株式暴落)で落ち込んだアメリカ経済の株価上昇を願って、制作されたもの。1989年12月、ニューヨーク証券取引所前にゲリラ設置されましたが、その後様々な経緯を経て現在の場所に落ち着きました。ウォール街の証券マン達が株価の上昇や仕事の成功を祈って撫でる「グッドラック」の牛。常に観光客でいっぱいです。皆で撫でまくっているので、牛はツルツルぴかぴかになっています。仕事運、金運が上昇しますよ。チャージング・ブル (Charging Bull) は、ニューヨーク市マンハッタンのウォール街近くのボウリング・グリーンにある巨大な雄牛(ブル)の銅像である。ウォール・ストリート・ブル (Wall Street Bull) またはボウリング・グリーン・ブル (Bowling Green Bull) と呼ばれることもある。この銅像は彫刻家・アルトゥーロ・ディ・モディカ(Arturo Di Modica)によって制作されたもので、重さは3,200キログラム (7,100 lb)、高さは11フィート (3.4 m)で長さは16フィート (4.9 m)である。ブルは金融用語でブル・マーケット(アグレッシブで楽観的な繁盛市況・上昇相場)の象徴であり、この荒々しくエネルギッシュなブルの銅像は株式市場のエネルギー・力・不確かさを表している。体をひねり頭を下げ後ろ足に力を溜め今にもチャージ(体当たり・突撃)をするような体勢をとっており、表面のメタリックな質感はその猛々しさを強調している。この突き上げるようなブルの体勢には株価を上昇させるという願望も込められている。また見学者はこの彫刻に自由に近付くことができ、このことはこのブルの動きは何者からも制限を受けないことを意味している。この彫刻はウォール街および金融街のシンボルからひいてはニューヨークの新たな名所となり、観光スポットとして毎日数千人の人が訪れている。制作者の彫刻家・アルトゥーロ・ディ・モディカ(Arturo Di Modica)はNew York Daily Newsの1998年のインタビューで、このブルは5つあるバージョンのうちの一つであり、他のバージョンのブルも世界のどこかに設置されることを望んでいると語った。2010年にはより若くて強い上海版チャージング・ブル、バンド・ブルが設置され、2012年にはアムステルダムのHet Beurspleinにも別のバージョンが設置された。彫刻家・アルトゥーロ・ディ・モディカ(Arturo Di Modica)は製作に$360,000をかけており、1987年の株式大暴落いわゆるブラックマンデーを受けて"アメリカのパワーの象徴"を意味して作られた。このアイデアは制作者個人のものであり、"ゲリラ・アート"として1989年12月15日にロウワー・マンハッタンのニューヨーク証券取引所の向かいのブロード・ストリートの中央にある60フィート (18m)のクリスマスツリーの下に突然設置された。これはニューヨークの人々へのクリスマスプレゼントと銘打たれ、彫刻家・アルトゥーロ・ディ・モディカ(Arturo Di Modica)はこの日この作品を説明したチラシをツリーの元に集まってくる群衆に配布し、多くの人々の賞賛と注目を受けた。警察はこの銅像を押収しこの銅像は拘置されたが、人々の激しい抗議によりニューヨーク市公園・保養局はこの銅像を証券取引所から2ブロック南のボウリング・グリーンの広場に正式に設置することを決めた。この場所はブロードウェイに面している。














13BULL1-master768.jpg















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif