永遠の夢に向かってサンダーバード

 

サンダーバード

サンダーバード















196lue.jpg















Ford Motor Company
































サンダーバード(Thunderbird )は、アメリカのフォードで製造された高級志向のスペシャリティー・カーである。愛称は、T-Bird"ティー・バード"。1954年のデトロイト自動車ショーに登場し、1955年の初年で目標10,000台に対し、16,000台以上を販売した。この車は標準で取り外し可能な、グラスファイバー製のハードトップを装備していた。ファブリック製のコンバーチブルはオプション設定であった。エンジンは292YブロックのV8で、排気口を2ピースのリア・バンパーの間に取り回していた。1956年モデルは、スペア・タイヤが車外(トランク外側)に取り付けられ、トランクスペースが拡大した。また、排気口はバンパー・エンドに位置が変更された。また、車内の換気向上のため、前輪の後ろに通気口が設けられた。また、後部の視認性向上のため、ハードトップに「ポートホール」と呼ばれる窓が無償で設定された。また、この年、312YブロックのV8エンジンがオプション設定され、販売も1万5千台を上回った。1957年は、過激なスタイリングに一新された。フロンとバンパーの形状変更、グリル、テイルフィンは延長されて、大型のテール・ライトが装備された。スペア・タイヤは再び車内に収納され、垂直に収納できるように設計が成された。エンジンは292と312が用意されていたが、312には更にチューンが施され、数台のスーパーチャージャー仕様も生産された。この年の販売は2万1千台を越えた。1957年型がフォードとしては最後の2シーターモデルとなり、1982年の小型スポーツカーが販売されるまで、製造されることはなかった。第1世代のサンダーバードが成功に終わり、市場拡大に向けて、2シーターの販売に限界があること、ファミリー層に受け入れられなかったことなどを挙げて、更なるマーケット・リサーチが実施された。その結果、1958年モデルを含む第2世代は4シーターでデザインされ、新型サンダーバードは他車との共用可能なシャシーを基本に設計された。その意図は、車内スペースを最大限に取り、それに関連して外装部分をコンパクトにすることであった。また、そのスタイリングには、この世代のニックネームが示すとおり、独自のテーマが設定された。また、当時の他のアメリカ車に比べて9インチも低く、そのためにトランスミッションを収めるスペースを設けるため、前後のシートを分離するほどの最大長のセンター・コンソールが設けられた。エンジンはフォードの新型であるFEシリーズの352立方インチ(5.8L)エンジンが採用された。サスペンションは前後ともコイル・スプリング式であったが、リアはオプション設定でエア・スプリングに変更可能であった。このサンダーバードは発売年にモーター・トレンド誌のカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。この新機軸は成功を収めた結果、第1世代の倍、3万8千台近くを販売した。1959年モデルに、フォードはフロント、リア、サイドに渡る装飾に変化を加えた。また、当初は革製の内装も選択可能としていた。また、リア・サスペンションはコイル・スプリング式を廃して、ホッチキス・ドライブと呼ばれる板バネ式に変更された。少数ではあったが新エンジンの430立方インチ(7.0L)のMELシリーズが使用されたモデルも存在する。販売は更に倍加し、約1万台のコンバーチブルを含め、6万7千台以上が販売された。その宣伝が主に女性にターゲットを絞って行われた結果であった。1961年モデルは一層流線型のスタイリングをもって登場した。販売は底堅く、10,000台を超えるコンバーチブルを含め、73,000台以上を販売した。新型の390立方インチ(6.4L)V8、FE-シリーズ・エンジンだけが搭載された。この年、サンダーバードはインディアナポリス500のペースカーとなり、ジョン・F・ケネディ大統領就任パレードにも登場した。1962年も販売は好調で78,000台を越えるセールスを記録、スポーツ・ロードスターも登場した。このモデルはリア・シートを覆うトノー・カバーが附属し、事実上は2シーターで、エルビス・プレスリーも所有していた。ランドー・モデルも販売され、ビニール製の屋根にS型のバーが飾られた。このデザインは有名となり、続く20年に渡って使われた。1963年は、販売を63,000台まで落とし、ランドー・モデルはハードトップに次ぐ位置づけとなった。また、特別限定車で「プリンシパリティ・オブ・モナコ」と呼ばれるモデルが登場、2,000台のみが販売された。革張りの内装にローズ・カラーのルーフなどが特徴である。















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ファンダンゴ  ←ファンダンゴ 【2017年07月】の更新記事一覧 →タッシュ  タッシュ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif