永遠の夢に向かってシュガー・ベイビー・ラブ

 

シュガー・ベイビー・ラブ

シュガー・ベイビー・ラブ















DFDFDDFDDFDF.jpg















The Rubettes - Sugar Baby Love






































「シュガー・ベイビー・ラヴ」(Sugar Baby Love)は、イギリスのロックバンド、ルベッツ(THE RUBETTES)のデビュー曲である。1974年1月に発売された。このシングルはイギリス、スイスおよびドイツのヒットチャートで1位を記録した。日本での発売元はポリドール株式会社(ポリドール・レコード。現・ユニバーサル ミュージック合同会社)。1973年、ロンドンのホランドパーク、ランズダウン・スタジオにてウェイン・ビッカートンがデモテープを録音するために集めた6人のミュージシャンが演奏をしていくうちにミュージシャン達はこの曲(シュガー・ベイビー・ラヴ)を気に入り、ぜひ俺たちにやらせてくれないかとプロデューサーのウェインに申し出た。プロデューサーはOKを出す。レコーディングが行われレコードになるわけだが、ボーカルを担当したポール・ダ・ヴィンチが脱退してしまう。そこで、ウェインはボーカルを探して再レコーディングするのではなくポールのリードボーカルを採用し、1974年、1月にリリース。ポールの高音で世界中で800万枚を売り上げる。ルベッツ(The Rubettes、ルーベッツとも)は1974年にデビューしたイギリスのバンド。1982年に一時解散し、1985年に再結成した。メンバーは何度か入れ変わったが、2000年以降はデビュー当時のメンバーであるアラン・ウィリアムズ、ジョン・リチャードソン、ミック・クラークの3人と新たにマーク・ヘイリーを加えた4人で活動を続けている。 ヨーロッパ各国において今なお多くの支持を受け、TVやコンサート、ライブなどに出演している。デビューシングルのシュガー・ベイビー・ラヴはグループに参加せず脱退したポール・ダ・ヴィンチによって録音されたものである。彼のボーカルトラックがプロデューサーなどによって大好評であったため別のボーカルで録音し直すことなく発売された。B面もポールのボーカルトラックで発売された。 その後のライブやテレビ出演の時などは、ジョン・リチャードソンの紹介のもと加入した新ボーカリストであるアラン・ウィリアムスによって歌われた。 2番目のシングルとなるトゥナイトからアラン・ウィリアムスのボーカルで発売された。1973年に在籍していた。大ヒット曲、シュガー・ベイビー・ラヴのリードボーカルを担当。シュガーベイビーラヴの録音セッションに参加したが別のレコード会社(ペニー・ファーシング)と契約をしたため音声を残し脱退。すなわちシュガー・ベイビー・ラヴ以降の作品のレコーディングには参加していない。
















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif