THE MESSENGERS

THE MESSENGERS















XCXC.jpg














The Messengers - That's The Way A Woman Is































メッセンジャーズ(The Messengers) - 「気になる女の子(That's The Way A Woman Is)」

メッセンジャーズは、アメリカ、ミルウォーキー出身の4人組ロックバンドで、1962年に結成され、モータウンの白人ロックレーベルのレア・アースに在籍してました。1965年シングル「マイ・ベイビー」でデビューしますが、セールス的には成功を収めることが出来ませんでした。しかし、1967年、リスタートを切る形で、ウィルソン・ピケットのカバー曲「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」がヒットします。この曲「気になる女の子」は、1971年にリリースされたシングル曲で、日本ではオリコン第5位のヒット曲となりますが、アメリカのチャートでは最高62位と振るいませんでした。その後、1972年に日本に来たときにシングル「ビッグ・ステップ」がレコーディングされるなど、日本では成功を収めますが、本国アメリカではそれほど人気にならず、70年代初頭に解散してしまいます。日本では、南沙織や3姉妹ユニット、ザ・チャープスがカバーし、2005年にアミノバリューのCMソングに使われるなど、今なお人気の楽曲になっています。ウィスコンシン州ミルウォーキー出身のバンド、メッセンジャーズ(The Messengers)のヒット曲。作者はキーボードのマイケル・モーガン(Michael Morgan)とベース/ヴォーカルのジョン・ホイアー(John Hoier)。発売レーベルはモータウン(Motown)傘下のレア・アース(Rare Earth)。当時の日本盤はビクターだ。アメリカでは最高位62位と奮わなかったが、オリコンでは半年間もチャートインし、最高位5位、20万枚以上を売る大ヒットを記録している。
















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif