永遠の夢に向かってワイルド・スピード

 

ワイルド・スピード

ワイルド・スピード















fhd006FFT3.jpg















The Fast and the Furious: Tokyo Drift 2006






















































アリゾナに暮らす主人公の高校生ショーン・ボズウェル(ルーカス・ブラック)は両親が離婚し、幼少期から孤独な毎日を過ごしていましたが、いつしかストリートカーレースに喜びの自分の居場所を求めるようになった青年です。カーレースの腕前はピカイチなのですが、直ぐに揉め事を起こし転居と転校を繰り返してきました。ある日、クルマだけが生きがいの高校生ショーン・ボズウェル(ルーカス・ブラック)は、高校アメフト部の花形クォーターバック(Quarterback)のクレイ(ザカリー・タイ・ブライアン)のガールフレンド・シンディ(ニッキ・グリフィン)と話しているところを目撃され、クレイ(ザカリー・タイ・ブライアン)に因縁をつけられ、ストリートレースで決着をつける事にする。車に関しては誰にも負けない自信のあるショーン・ボズウェル(ルーカス・ブラック)は、中古の1970年式シボレー・モンテカルで勝負に勝ったものの、勝利の後には少年院行きが待っていた。カーレースで揉め事を起こし、手を焼き尽くした彼の母親(リンダ・ボイド)は、彼をアメリカ軍基地で勤務する父親(ブライアン・グッドマン)のいる日本へと送り届けます。日本へやってきたショーン・ボズウェル(ルーカス・ブラック)は久しぶりに会う父親とギクシャクしながら、日本での慣れない高校生活を送ります。東京での暮らしが始まります・・・・・

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(The Fast and the Furious: Tokyo Drift )は、ユニバーサル・ピクチャーズ製作、2006年9月16日に東宝洋画系で全国公開のアメリカ映画である。今までのシリーズと異なり、アメリカではなく東京が舞台となっている。ストリートレース、スポーツコンパクト、ドリフト走行を題材としたカーアクション映画である。アリゾナに暮らす、クルマだけが生きがいの高校生ショーン・ボズウェルは、ジョックの挑発により行ったストリート・レースの末に大事故を起こし警察に補導されてしまう。ショーンはこれまでにも2度同じような騒ぎを起こして補導されており、ついに今回の一件で母親に愛想を尽かされ、東京の米軍基地に勤務する軍人の父の下で暮らすことになった。ショーンは「カーレースをしない」というルールを定められ、日本の高校に転校。しかし転校先の高校で同級生のトゥインキーに誘われ、夜の街での立体駐車場で行われるドリフト・バトル、そして「D.K.(ドリフト・キング)」の名を持つタカシの存在を知り、ドリフトの心得が無いにもかかわらず、タカシの仲間であるハンからシルビアを借りて挑むも惨敗し、借りたシルビアもボロボロにしてしまった。しかしハンは、ショーンにドリフトの才能があると見抜き、タカシを倒して下克上を果たすという目的を達成するため、直々に稽古をつけ始める。ショーンはそれに応えてめきめきと腕を上げ、同級生のニーラにも気に入られ、お互いに惹かれ合う関係となった。そして父の家ではなくハンの経営するガレージに寄り付くようになる。だが、ニーラと長い付き合いがあり、彼女をモノにしようと狙うタカシはそのことに不満を抱き、ショーンを殴り「ニーラに近づくな」と警告する。このことでショーンが距離を取ったことで感づいたニーラはタカシに問い詰めるが、そこでの態度で愛想を尽かした彼女もハンのガレージに向かった。そしてある日、タカシの叔父であり、暴力団の組長でもあるカマタが、タカシたちのグループから納められるはずの上納金が支払われていないことを咎める。タカシから金の管理を任せられていたハンは、下克上の資金として上納金を着服していたのだった。それを知ったタカシはハンとショーンに襲いかかり、渋谷での過激なカーチェイスに発展。その際にハンが落命してしまい、代わってショーンが命を狙われてしまう。父親の家の前でショーンとニーラはタカシに追いつかれるも父親が加勢したことに加えてニーラが一時タカシについていくことでその場を凌ぐ。その後ショーンは見切りをつけた父親からアメリカに送り返されそうになるが、自らの始末は自らでつけようとするショーンを前に自分より真っ当であることを悟り引き下がる。その後トゥインキーと対面したショーンは彼からどこか遠くに逃げることを提案されるも、始末をつけるためにカマタと話し合う必要がある話したことでトゥインキーからこれまでの売上金を渡される。ショーンはカマタに上納金を返却しに向かった上で自身とタカシでバトルを行ない負けた方が街を去ることを提案、タカシは過去に一度勝ってると述べるがそれなら再びやっても勝てるだろうとカマタはショーンの提案にのったのだった。だがショーンがハンのガレージから対戦車両を調達しようとするも警察の差し押さえに遭って車両は残っていなかったが、最初のタカシとのバトルでボロボロとなったシルビアが差し押さえられておらずしかもエンジン等が無事であったことからショーンの父親がレストアしていたマスタングに搭載し、ショーンが扱うことのできるようにセッティングを整えられてバトルに臨んだ。そうして車両の用意は整ったが、バトルの場所が嘗てタカシだけが走破できた峠であることからトゥインキーは心配する。そうして迎えたバトル当日、ニーラやカマタを含めたギャラリーの前でショーンとタカシのバトルの幕が切って落とされた。最初こそタカシが優勢だったもののショーンが追い上げると焦ったタカシは体当たりをして崖から転落させようとするが、ショーンは機転を利かせて躱し反撃し、最終的に自爆して転落した。そして勝利したショーンはカマタの口から自由の身となったことを告げられる。暫くして二代目D.K.となったショーンのもとに新たな挑戦者が訪れたことがトゥインキーから告げられ、最初は気分が乗らないと断ったショーンだったがハンの親友であることを告げられると一転してバトルを受けて立った。その挑戦者はドミニク・トレットであり彼からハンとは親しかったことを告げられた後バトルがスタートしたところで終わる。














fhd00602.jpg















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif