永遠の夢に向かってサーフ天国、スキー天国

 

サーフ天国、スキー天国

サーフ天国、スキー天国

















beyond-coffee-roasters_convert_20170622003413.jpg















The Best Of The Surf Rock Compilation












































1960年代初頭、サーフィンを中心にアメリカから発生したサーフミュージック。ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)が代表格に上がりますが、現在では元サーファーであるミュージシャンなども登場し、ジャンルの定義としては非常に幅広くなっている。サーフミュージックとは1960年代初頭、ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys) を筆頭に発展していった音楽ジャンル。当時はエレキサウンドが特徴的なジャンルではあったが、近年ではアコースティック・ギターを中心としたオーガニックなサウンドを作るアーティストの集まりというイメージが強い。中には、サーファー兼 ミュージシャンというアーティストも登場し、その定義は曖昧ではある。尚、現代サーフミュージックの代表格であり、第一人者というと、ジャック・ジョンソンが認知されている。ジャック・ジョンソンの世界的大ブレイクによって定着してしまった「サーフ・ロック」と言う言葉を今日は検証してみましょう。音楽のジャンルと言うのはレコード会社とかお店など売る方の都合で付けられているだけで、本来はあってないようなもの。既に「ミクスチャー」と言うジャンルに表されているように、音楽をカテゴライズすることはとうてい不可能なのです。だって考えてみると音楽はみんな「ミクスチャー」だから。それが今では、ヒップホップ・レゲエ・パンクだのニューウェーブ・メタル・コアだのニュースクール・ハードコアだの、その中でもニューヨーク派vsボストン派があるとか、アメリカ派vsイギリス派とかがあるんだって!もうそんなのハッキリ言ってどうでも良いです。で、「サーフ・ロック」なんだけど、サーフ・ロックってサーファーが奏でる音楽なのか、それともサーファーが好んで聴く音楽なのか、どうもいまいち良くわからないところ。ジャック・ジョンソンはサーファーで、まだ誰もジャックのことを知らなかった5、6年前のデビュー当時はごく一部のサーファーしか知らなかった。今でもジャックのファンにはサーファーの比率がとても多いのです。と言うことは、サーファーが聴くサーファーが奏でる音楽が真のサーフ・ロックってことになるのでしょうか?人によってはレッチリやサブライムもサーフ・ロックで、世代によってはカラパナとかベンチャーズもサーフ・ロックと言えます。ミクスチャーとは、音楽ジャンルの一種である。ミクスチャー・ロックとも。「ミクスチャー」は和訳すると「混合」であり、その名の通り様々なジャンルが合わさった音楽性を持つ曲やバンドに対して使われる。が、一般的にはヒップホップやレゲエの黒人音楽と、ロック・パンク・ハードコアなどを組み合わせた一定の方向性を持つ音楽のくくりで扱われることが多い。なお、「ミクスチャー」「ミクスチャー・ロック」という言葉は和製英語であり海外では全く使われていない(海外では主に「ラップロック」「ラップメタル」と呼ばれる)。一般的なイメージで分類するならば「バンド体制でボーカルがラップ(っぽいこと)をしてたらミクスチャー」である。そのため基本的にバンドに対してのみ呼称され、ソロアーティストの場合使われることはほとんど無い。具体的にはTHE MAD CAPSULE MARKETS、マキシマムザホルモン、山嵐、Dragon Ash(初期)、RIZEなどが有名。他にもORANGE RANGEや、HY、UVERworldなどもミクスチャーと呼ばれることもあるが、そのあたりは個人差であり明確な線引きはできていない。













STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
409  ←409 【2017年06月】の更新記事一覧 →THE 50's, 60's & 70's  THE 50's, 60's & 70's
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif