ダットサン

ダットサン















top-ten-nissans-at-sema-2015-robb-ferguson-240sx-boss-bunny_convert_20170620004007.jpg















日産自動車株式会社





































ダットサン(Datsun)は、かつての日本の自動車メーカーのダット自動車製造が生産していた自動車であったが、日産自動車の新興国向け低価格ブランドとして2013年復活した。ダットサンの由来は日産自動車の源流である、橋本増治郎が設立した快進社までさかのぼる。1914年に完成した自動車には、支援者であった田健治郎、青山禄郎、竹内明太郎のそれぞれの頭文字であるD、A、Tと、「速く走る」いう意味の「脱兎のごとく」脱兎(DAT)号と名づけられた。快進社は実用自動車製造と合併し社名はダット自動車製造となった。1930年小型乗用車の試作車が完成し、車名を「DATの息子」の意味のDATSON(ダットソン)と名付けた。DATの定義は、Durable(耐久性がある)、Attractive(魅力的な)、Trustworthy(信頼できる)、に改められた。ただSONが日本語の“損”に聞こえ縁起が悪いということから、1932年に太陽のSUNのDATSUN(ダットサン)となった。1931年に鮎川義介が設立していた戸畑鋳物と合併し、1934年に社名が日産自動車に変更になりダットの名は消滅、ダットサンはブランド名として残された。「ダットサン」はブランドと同時にトレードマーク(商標)でもあり、車名(車検証等に記載)にも使われた。市場によっても使い分けがあり、たとえば日本では「サニー」のペットネームで販売された乗用車も米国市場では「ダットサン」ブランドが付されていた。その米国市場ではメーカー名の「Nissan」よりも何倍もの認知があったにもかかわらず、1981年に当時社長の石原俊の方針により、「DATSUN」ブランドが順次廃止されることとなった。海外市場での日産ブランドへの統一以降は、日本市場において日産車の「車名」として唯一存在していたダットサントラック(D22型)が2002年の排ガス規制で日本国内向け販売を終了しため、「DATSUN」の名称が一時期途絶えていた。ダットサンブランドとして販売される車種の型式(かたしき)としては、数字部分の十の位がの乗用車(例:B11 サニー)と、の商用車(例:D22 ダットサントラック)が相当する。排気量が大きい初代フェアレディZのみ、中型乗用車用のが与えられている。2012年3月20日、日産自動車CEOのカルロス・ゴーンによって新興市場向けの低価格ブランドとしてダットサンの復活が発表され、併せて新しいロゴも公開された。2014年からGOを最初の車種としてインドネシア、インド、ロシアで製造・販売を開始する計画である。















top-ten-nissans-at-sema-2015-corey-hosford-240sx-boss-bunny_convert_20170620002512.jpg














STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
PEPSI MAN  ←PEPSI MAN 【2017年06月】の更新記事一覧 →ブルーバード  ブルーバード
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif