PEPSI MAN

PEPSI MAN















FBkF7e1_convert_20170619005308.jpg
maxresdefault_(4)_convert_20170619005354.jpg
















PepsiCo, Inc.







































ペプシマン(PEPSI MAN)とは、ペプシコーラのキャラクターとして日本で発案されたキャラクターである。超マッシブな全身メタリックのヒーロー。ペプシマンは、コンピュータグラフィックスを使った日本オリジナルのキャラクターである。1996年に登場した。キャラクターの企画を大貫卓也が担当し、Travis Charestがデザインしている。コンピュータグラフィックスの制作はアメリカのインダストリアル・ライト&マジック(I.L.M.)が担当したが、アメリカでは使用されておらず、それゆえアメリカなどではほとんど知名度がない。公式設定ではNASAが研究していた謎の宇宙金属が意思を持って活動をはじめ、近くにいた研究員が飲んでいたペプシコーラと融合してペプシマンが誕生したとされる。身長 190cm、体重 95kg。弱者を助ける正義のヒーローとして登場し、困った人を助ける為に主にペプシコーラを届けるなどの活躍を見せるが、弱点は「かっこよさが15秒以上続かないこと」で、それにちなむドジでマヌケな面があり、親しみやすいキャラクターとしてCMで表現された。このCMが人気を集め、シリーズ化された。また、ペプシマンのCMは日本のほか韓国でも放送された。当初は胸から下にかけて太い赤のライン、その上にペプシのマークが入ったデザインであったが、パッケージデザインがリニューアルされた1998年からは、左肩から右腹部、及びその下まで青いカラーリングへと変化した。2003年にペプシツイストが発売されると、頭にレモン色のニット帽を首までかぶった形で「ペプシツイストマン」として再登場。さらに女性版といえる「ダイエットペプシツイストウーマン」も登場した。2005年にはトランスフォーマーとのタイアップにより、「キャンペーン司令官ペプシコンボイ」が登場しているが、「NASAで誕生した、意思を持った金属にコンボイの姿を与えたもの」という設定からペプシマンのモーフィングの形態の1つと思われる。CMの最後に表示される缶は、そのときのペプシマンの状況を表している。Web上にて鴻上尚史監修の一般投稿者によるリレー小説が行われ、出版されたことがある。

















07fsi4xdgjmx_convert_20170619005339.png

















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif