永遠の夢に向かって1996年 ランドクルーザー プラド 誕生

 

1996年 ランドクルーザー プラド 誕生

1996年 ランドクルーザー プラド 誕生















ghjghjghhhh.jpg
















トヨタ自動車株式会社










































































90系ランドクルーザー プラド(1996年 - 2002年)

1996年5月8日(平成8年5月8日・水曜日) 登場。この世代からエンジン、ドライブトレインのみならず、フレームとサスペンションもタコマ / ハイラックスサーフと共用になる。エンジンはガソリンが3RZ-FE型 直列4気筒 2.7Lと、5VZ-FE型 V型6気筒 3.4L、ディーゼルは、5L型 3.0Lと、1KZ-TE型直列4気筒3.0Lディーゼルターボ(国内ディーゼルは1KZ-TEのみ)。サスペンションとスプリングの形式は前がダブルウイッシュボーン+コイルスプリングの独立懸架、後ろは5リンクのリジッドアクスル+コイルスプリングである。3ドア車のみ、日本国外向け同様の縦基調ラジエターグリルと丸型ヘッドランプを採用した。1997年4月、日本国内向けに3RZ-FE型 直列4気筒 2.7Lガソリンエンジンが追加。最量販グレードを中心に拡大採用される。1998年1月、一部改良。全車にUVカットウインドーガラスと3列目シートのヘッドレストを標準装備。バニティミラーやプライバシーガラスなどを採用しインテリアにおいてさらに充実。ボディカラーに新色を追加。1999年6月、マイナーチェンジ。3.0リッター直4のディーゼルターボエンジンを改良してパワーアップ。エクステリアではフロントグリルとフロントバンパーのデザインを変更、法改正に伴いバンパー内にフォグランプが装備される。横基調のデザインを強調して安定感をアピール。インテリアではメーターパネルに高級感のあるオプティトロンメーターを採用。機能面では安全走行をサポートする4輪TRC(トラクションコントロール)、VSC(ビークルスタビリティコントロール)を導入した。また、3ドア車は横基調ラジエターグリル+異型ヘッドランプに変更。2000年7月、一部改良に伴い、ディーゼルエンジンを3.0L DOHC 直噴 電子制御コモンレール式の1KD-FTV型へ変更。車両盗難等を予防するイモビライザーも新採用。ランドクルーザー プラド(LAND CRUISER PRADO )は、トヨタ自動車が製造するオフロードSUVである。ランドクルーザーシリーズのうち、ライトデューティ用途として位置付けられた自動車。ランドクルーザー 70系の派生車種として登場。日本国内では「プラド」と略称で呼ばれることが多い。初代は、乗用車のコンポーネンツを大幅に流用した利益率の高い三菱・パジェロの対抗策として企画された。ランドクルーザー70系の足まわりを軽量化し、ハイラックスサーフやブリザードと共通のパワートレインを載せ、乗用車化したモデルであった。当初は仕向け地によって「ランドクルーザーワゴン」、「ランドクルーザーII」、「バンデラ」の呼び名を使い分けていた。本流であるヘビーデューティーな70バン系との区別のため、トヨタでは、バンを「70ヘビー系」、ワゴンを「70ライト系」と呼ぶ。日本のクロスカントリー車として初めて4輪コイルリジッドサスペンションを採用するなどの先進的な一面も持つが、同社のダイナと共通のエンジンを持つ貨物登録である70ヘビー系とくらべると、高価な割りに非力さばかりが目立つ結果となり、ヘビー系とほとんど変わらない無骨な外観であることや、2ドア・ショートモデルのみであったことなどが災いし、日本国内での販売台数は伸びなかった。一方、日本国外向けにはガソリンエンジンやターボなしのディーゼルエンジンに簡素な内装や装備を組み合わせたグレードも多く存在し、パジェロやビッグホーン(いすゞ自動車)に伍して、廉価で軽量なランクルとして支持を得た。日本国内での局面が変わったのは1990年4月のマイナーチェンジ以降で、セミロングホイールベースの4ドアモデルの投入に加え、大幅なフェイスリフトや電子制御式燃料噴射ポンプによるエンジンでパワーアップを図り、さらに「プラド」のサブネームを掲げたことで、一気に人気モデルの仲間入りを果たした。2代目(90系)では、さらにフレームやサスペンションにいたるまでハイラックス / タコマグループとの共有化が進んだ。脱業務用途的なスタイリングをはじめ、ランドクルーザーシリーズのなかでは欧州向けSUVの性格が強まり、当時、大人気を誇っていた2代目パジェロのシェアを奪うほどの大成功を収めた。ショートホイールベースの3ドアと、ロングホイールベースの5ドアがあるが、ショートホイールベースはハイラックスサーフには存在しない。ソフトトップ(幌モデル)は2代目から廃止された。3代目(120系)では、オフロードの走破性だけではなく、オンロードでの走行安定性や静粛性も重視され、欧州ではサブネームである「プラド」を称せず「ランドクルーザー」として販売されていた。4代目(150系)では、KDSSやマルチテレインセレクトなどの電子デバイスを最上位グレードだけに搭載し、ライトデューティなランクルの悪路走破性をイメージするものとなった。しかしシートは総革製でハンドルも革と木目調。泥など過酷な条件により適合する布地シート付きのグレードにはこれら悪路走破性を高める機能は選べない。また電動式天窓のオプションがあるなど、ちぐはぐな面も見せる。 2015年のマイナーチェンジから新型ディーゼルターボエンジンを搭載。V6NAエンジンは廃盤となった。また、その悪路走破性と信頼性の高さから、120系に引き続き、欧州ではサブネームである「プラド」を称せず「ランドクルーザー」として販売されている。駆動系は、全車2速(副変速機付き)のトランスファーと、3代目以降はボッシュ(旧ゼクセル・現ジェイテクト)のトルセンギアを用いた、センターデフ式フルタイム4WDを採用しており、ドライブトレインを共有するハイラックスサーフやFJクルーザーに見られる2WDモデルはない。
















maxresdefaultfgf_convert_20170617112212.jpg















STAR


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
バラクーダ  ←バラクーダ 【2017年06月】の更新記事一覧 →PEPSI MAN  PEPSI MAN
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif