永遠の夢に向かってカリマー プレストン ショルダー

 

カリマー プレストン ショルダー

カリマー プレストン ショルダー















efef.jpg

















イギリス発の総合アウトドアブランド〈karrimor カリマー〉公式ウェブサイト






















































1946年、アルピニズム発祥の国イギリスで誕生したアウトドアブランド「Karrimor(カリマー)」。トップクライマーの目的にかなう先鋭的・革新的な製品の開発と同時に多くの登山家、冒険家たちの挑戦に対するサポートを行っています。「THE NORTH FACE(ノースフェイス)」・「CHUMS(チャムス)」・「KELTY(ケルティ)」・「Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)」・「GREGORY(グレゴリー)」好きにもオススメです。タウンユースやトラベルシーンで大活躍の「PRESTON」のショルダーバッグ。その最大の特長はメインルーム内に搭載された防水ポケット「スプラッシュガード」。視認性の高いクリア素材を使用したこの防水ポケットは、スマートフォンやタブレット端末をパックにいれたまま操作可能です。突然の雨でも防水ポケット越しにタブレット等を操作できるのはとても便利。もちろん、濡らしたくない地図や紙幣なども安心して携帯できます。また、フロントポケット内にはオーガナイザーを装備。両サイドにはオープンポケットもあるので小物もキレイにまとめることができます。デタッチャブルタイプの防水ポケット〈スプラッシュガード〉を採用したショルダーバッグ。行動食や地図、カメラといった小物の携行に便利です。アウトドアはもちろんライフスタイルでも活躍する機能とデザインが魅力です。〈スプラッシュガード〉はタッチパネル対応。雨を気にすることなく、スマートフォン等のデバイスを操作できます。サイズはH8.8cm×W17.7cm(内寸)です。イギリス生まれ、ユニオンジャックをモチーフで有名な、60年以上の歴史を持つのがこの「カリマー」というブランドです。山に行けば分かる通り、若い人から年配の方まで、比較的幅広い層に人気でありながらタウンユースもできるリュックを展開しています。そんなカリマーのリュックに対するイメージやラインナップ、その中でも人気のリュックについて紹介していきます。イギリス生まれのアウトドアメーカーであるカリマーは、1946年に、チャールズとメアリーのパーソン夫妻によって創められました。もともとは自転車にくくりつける自転車専用のバックからスタートしましたが、その品質の高さはクライマーの間にも広がっていきます。その結果、多くのクライマーの意見を取り入れた、非常に質の高い山岳用バックパックの製造へとつながっていきます。カリマーという言葉は、英語の「carry more」からきており、より多くの荷物を運べるようにといった意味合いが込められていると言われています。カリマーのリュックに対するイメージとして大きいのは、老若男女幅広い層に使用されているという印象です。やはり山好きの方にとっては、その品質の高さや使いやすさから多くの人に愛用者がいると言えるでしょう。またタウンユースにも向いているリュックも比較的多く展開しており、山だけにとどまらず街での普段使いとしても比較的みかけるようになりました。若者にとっては、アークテリクスの廉価版といった見方をする方もいるようですが、シンプルでありながらリュックへのこだわりも感じる印象を与えるでしょう。カリマーのリュックは、その用途や機能的な面において、実に様々なタイプのリュックを展開していると言えるでしょう。その展開は、本格的なクライマー向けのものだけでなく、手軽なトレッキングから街での普段使いまで対応しているものまで様々です。















comparison.jpg













STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif