永遠の夢に向かってボーラ・エキゾーストシステム

 

ボーラ・エキゾーストシステム

ボーラ・エキゾーストシステム















Borla_convert_20170611232635.jpg


















Borla® - Performance Exhaust Systems & Induction


































































アメリカでもっとも有名なメーカーBORLA(ボーラ)のエキゾーストシステム。ゴロゴロと唸るような低音から乾いた高音域まで存在感のあるエグゾーストが特徴。エキゾーストシステムとは、エンジンから排出される排気ガスを後方まで導き出すシステムの総称で、エンジンからエキゾーストマニホールド、ダウンパイプ、キャタライザー(触媒)、センターマフラー、リアマフラーの順番で構成されています。キャタライザーより前方には、空燃費制御のためO2(酸素)の量を測定する、O2センサー(ラムダセンサー)が装着され、例えばV8エンジンではダウンパイプが2本以上になりますから、O2センサーも複数が必要になります。エキゾーストシステムが持つ目的は、エンジンからリアマフラーまで排気が移動する間に触媒で排気ガスを浄化させる事やHC、CO、NOxを減少させる事、エキゾーストシステムの長さとリアマフラーで消音を行う事などがあります。消音もエキゾーストシステムが持つひとつの目的ですから、マフラーをサイレンサーと呼ぶ場合もあります。なお、排気音レベルは保安基準で規定値が設定されています。マフラーの排気音レベルでも不適合であれば車検を通過できませんが、マフラーに多い故障では排気漏れがあります。排気漏れをおこしていても、もちろん車検はパスできませんから、溶接などでの修理かマフラーの排気漏れの一番の原因である腐食がひどければ交換を行うしかありません。排気マニホールド、触媒、プリマフラー、メインマフラー、フロントチューブ、センターチューブ、リヤチューブなどからなる排気システムの総称。エンジンと車両レイアウトにより、いろいろな方式が用いられるが、一般には排気マニホールド、触媒、プリマフラー、メインマフラーの順に配置され、最終的な排気口位置は後方に向ける場合、側方に向ける場合とも、車体から突出してはならないなどの基準が設けられている。また、フロントチューブは排気マニホールドから触媒もしくはプリマフラーまで、センターチューブは触媒出口もしくはプリマフラー出口からメインマフラーまで、リヤチューブはメインマフラー以降を指し、テールパイプともいう。フロントチューブを独立した2本とし、触媒近傍でひとまとめにした高性能車もある。なお、ターボエンジンの場合は、排気マニホールド、ターボチャージャー、フロントチューブの順に配置される。
















5FhitwkG.jpg
















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif