DEE DEE RAMONE

DEE DEE RAMONE















DDteppe1265.jpg
















DEE DEE RAMONE.com







































ニューヨークのアンダーグランドシーンから発生した彼らのプリミティヴなロック・サウンドは、テクニックばかりが重視されがちだった70年代のアメリカの音楽シーンに新鮮なショックを与えるとともにロックンロールが持つ本質的な魅力を取り戻すことになる。初めて聴いた人にはすべて同じに思える超シンプルなエイト・ビート・サウンド、異様な興奮を呼び起こすポップ・メロ、まるでアメリカン・コミックから飛び出てきたようなメンバーのキャラ。音楽性に対する評価より、そのあまりにもキャッチーな存在自体が愛されたラモーンズの歴史は、1974年から始まった。ディー・ディー・ラモーン(1952年9月18日 - 2002年6月5日)は、アメリカのバンドラモーンズの元メンバーでベース奏者。ラモーンズのオリジナルメンバー。1987年以降、精力的にソロ活動を行い1989年にラモーンズから脱退するが、その後も作曲面でバンドに協力した。また1996年に行われたラモーンズの解散コンサートにも参加した。その後はマーキー・ラモーンらと結成したラモーンズのトリュビュートバンド、The Ramainzなどで活動した。ディー・ディーは薬物中毒で悩まされ、2002年6月5日にヘロインの過剰摂取でカリフォルニアの自宅にて死去。享年(きょうねん)49歳であった。
















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif