永遠の夢に向かってマニック・マンデー

 

マニック・マンデー

マニック・マンデー
















3032098-poster-p2-shutterstock186048416-1280x720.jpg

















The Bangles.com

































バングルスのデビューアルバムを聴いて、スザンナ・ホフスに強く感銘を受け、自分の方から楽曲提供を持ちかけたプリンス。プリンスが愛したガールズバンド・バングルス(The Bangles)です。1980年代に、全米のヒットチャートに突然現れ、そのキュートな美貌とキャッチーな音楽でたちまちスターダムにのし上がったガールズバンド・バングルス(The Bangles)。1980年代を代表するポップアイコンでありアイドルでもあった彼女たちの音楽、バングルス(The Bangles)のルーツを辿れば、そもそも、1981年にまで遡ります。名門として知られるカリフォルニア大学バークレー校を卒業したばかりだったスザンナ・ホフスが、ヴィッキー&デビーのピーターソン姉妹と出会ったのを機にバンドを組んだのがバングルスの始まりとなります。当初のバンド名は『スーパーソニック・バングス』。始めのうちは、ベース担当は、アネット・ズィリンスカスというオリジナルメンバーでしたが、すぐにアネットが脱退してしまい、後任に元ランナウェイズのマイケル・スティールが加入。バンド名も『The Bangles』と改名し、翌1983年には、CBSレコードと契約します。翌1984年になると、メジャーデビューアルバムとなる『All Over The Place』をリリース。メジャーデビューを果たします。バングルスの記念すべきメジャー・デビューアルバム。残念ながら、大きなセールスにはなりませんでした。デビューアルバムである『All Over The Place』はヒットと呼べるセールスには至らず、一般的にはデビューを果たしても、バングルスはまだまだ無名の新人バンドでしたが、このデビューアルバムをたまたま聴いたプリンスが、特にヴォーカルのスザンナ・ホフスに衝撃を受け、プリンスの方からホフスに連絡を取り付け、「是非とも、君たちの次の作品のうちの1曲を僕に作らせてくれないか!」と持ち掛けるのです。まさに、ここから彼女たちのシンデレラストーリーが始まることになるのです。アメリカ、ロサンゼルス出身のガールズ・バンド、バングルズの曲。1986年に発表。全米・全英ともに第2位を獲得。曲はプリンスの提供によるもので、同年発表のセカンド・アルバム「シルバー・スクリーンの妖精」に収録されている。あなたは、月曜日はお好きですか? 「マニック・マンデー」は、ある女の子の月曜を迎える気持ちを歌った作品です・・・・・バングルス(The Bangles)はアメリカの女性バンド。1980年代に数々のヒットを放った。1981年にロサンゼルスでスザンナ・ホフス、ヴィッキー、デビーのピーターソン姉妹とベーシストのアネット・ズィリンスカスの4人により結成。最初のバンド名はスーパーソニック・バングス。後にバンド名をバングスと変えるが先にニュージャージー州に同名のバンドが存在していたため、バングルスという名前に落ち着いた。バングルとはアクセサリーの腕輪のこと。1982年にミニアルバム『The Bangles』を発表。翌年にはCBSレコードと契約するがアネットが脱退し、マイケル・スティールが新たに参加。マイケルは元祖ガールズバンドのランナウェイズの元メンバーであった。1984年、アルバム『気分はモノクローム (All Over The Place)』でデビュー。デビューアルバムをたまたま聴いたプリンスが、特にヴォーカルのスザンナ・ホフスに衝撃を受け、1986年に「マニック・マンデー (Manic Monday)」を提供。米英で2位の大ヒットを記録する。この曲が収録されたセカンド・アルバム『シルバースクリーンの妖精 (Different Light)』からは「エジプシャン (Walk Like an Egyptian)」のナンバーワンヒットも生まれ、彼女たちは一躍スターとなった。1987年にはサントラ盤に提供したサイモン&ガーファンクルのカバー曲「冬の散歩道 (A Hazy Shade of Winter)」、1988年の『エヴリシング (Everything)』からは「イン・ユア・ルーム (In Your Room)」、1989年に米英で1位となった「胸いっぱいの愛 (Eternal Flame)」と立て続けにヒットを飛ばす。しかしこの直後にバンドは活動を停止した。その後、ホフスはソロ歌手に転向。また1993年に映画監督のジェイ・ローチと結婚する。1997年、ローチの大ヒット作『オースティン・パワーズ』のサントラ盤にホフスが参加し、1999年には『オースティン・パワーズ:デラックス』のサントラ盤で4人がバングルスとしてレコーディングしたのを機に再結成。2005年にマイケルが脱退を発表、その後、アビー・トラヴィスがベースを担当しているが、正式メンバーにはなっていない。2014年「エジプシャン (Walk Like an Egyptian)」がテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」のエンディング曲に使用された。
















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif