永遠の夢に向かってミスター・ブルー・スカイ

 

ミスター・ブルー・スカイ

ミスター・ブルー・スカイ















central-park-ndivulga----o_convert_20170527095211.jpg



















Jeff Lynne's ELO - Electric Light Orchestra and Jeff Lynne




































「ミスター・ブルー・スカイ」 (Mr. Blue Sky) は、イギリスのロック・グループのエレクトリック・ライト・オーケストラ (ELO) が発表した楽曲で、彼らのスタジオ・アルバム『アウト・オブ・ザ・ブルー』(1977年)に収録されている。フロントマンのジェフ・リンが作詞作曲とプロデュースを担当した。「ミスター・ブルー・スカイ」は、『アウト・オブ・ザ・ブルー』からカットされたシングルとしては全米ポップチャートでトップ40を2番目に記録する作品となり、最高で35位まで上昇した。また、このシングルは全英シングルチャートでは6位を記録した。この曲は、スペースシャトルの最後の飛行となった STS-135 の乗組員クリストファー・ファーガソンのモーニングコールとして使われた。BBCラジオのインタビューによると、ジェフ・リンは ELO のアルバム『オーロラの救世主』のためにスイスの山中に籠って「ミスター・ブルー・スカイ」を制作した。




“2週間ずっと暗くて霧がたっていて僕は何も閃かなかった。突然、太陽が輝きだして「わぁ、なんて綺麗なアルプスだろう」と思い、僕は次の2週間で「ミスター・ブルー・スカイ」と他13曲を書きあげた。”




この曲のアレンジは「BEATLESQUE」と呼ばれ、ビートルズの「マーサ・マイ・ディア」や「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」と似ている。曲はヴォコーダーの声による「Mr. Blue Sky」というフレーズが、何度も歌われるのが特徴である。

















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif