永遠の夢に向かってドント・ブリング・ミー・ダウン

 

ドント・ブリング・ミー・ダウン

ドント・ブリング・ミー・ダウン















ELOWallpaper4_convert_20170527005049.jpg



















Electric Light Orchestra - Don't Bring Me Down
















































エレクトリック・ライト・オーケストラ (Electric Light Orchestra) は、イギリスのバーミンガム出身のロックバンド。ザ・ムーブからの発展という形で1970年に活動を開始、1971年にレコードデビュー。1970年代から1980年代にかけて世界的な人気を博した。1970年代のアメリカで最も多くの(ビルボード40位以内の)ヒット曲を持つバンドである[1]2017年にロックの殿堂を受賞することが決定した。「ドント・ブリング・ミー・ダウン」 (Don't Bring Me Down) は、エレクトリック・ライト・オーケストラが1979年に発表した楽曲。彼らにとって、アメリカでの最大のヒット曲であり、バンドの顔であったストリングスが初めて使用されなかった楽曲である。アルバム「ディスカバリー」のクロージングナンバー。「ディスコ」の名を冠したアルバムのトリに恥じることなく時代を反映したディスコで、英米共に大ヒットを記録した。アメリカでは、前述の通りバンドにとっての最大のヒットであり、イギリスでも翌年に発表したオリビア・ニュートン・ジョンとのコラボ・シングル「ザナドゥ」を除けば最大のヒットである。その一方で、今までバンドに欠かせなかったストリング・セクションを完全に廃したことは物議を醸した。ジェフはアルバムのレコーディングの土壇場でこの曲を作った。曰く、「アルバムに豪快な曲がないと感じたんだ。この曲を思いついたのはそれからすぐだったよ。」同アルバム収録曲「オン・ザ・ラン」のドラムトラックを減速したものをループさせ、ジェフ一人で、半ばジャム・セッションのような形でこの曲を構成していった。2時間ですべてのトラックを録り、歌詞は20分で書き終え、曲自体も1日で完成してしまった。因みに、冒頭にカウントダウンが入っているが、前述の通りこの曲はバンドによるライヴ録音ではないので、単なるジョークであると思われる。ライブでは発表以来欠かさず演奏されている。80年代のコンサートでは、曲の後半でバースを何度か繰り返し、観客に合唱を促していた。曲が終わったあとに聴かれる物音は、スタジオの非常ドアを閉める音である。

















STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif