86

86















86tthhhhhjjj.jpg


















トヨタ 86 トヨタ自動車WEBサイト




























































86はスバルとの共同開発車であり、開発技術は両社から持ち寄られており開発費も両社で折半されている。車両コンセプトやパッケージングの企画策定と内外全体デザインはトヨタ、設計と確認作業はスバルが主導したが、基本的には両社開発陣の合議のもとに開発が進められた。生産はスバルが一貫して行っている。本プロジェクトの企画立案者でトヨタ側の開発責任者となる86の開発主査(チーフ・エンジニア、CE)は多田哲哉(ただ てつや)である。トヨタ社内ではスポーツカーの企画は毎年提出されていたが、投資効率が悪いという理由で毎回却下されていた。しかし社内で「若年層の車離れ」に対する危機感が深刻になると、2007年1月にトヨタ全役員を集めた対策会議が開かれて安価なスポーツカーを開発することが決定した。そして同年3月に、初代パッソ、初代ラクティス、2代目ウィッシュなどの開発主査を歴任した多田哲哉(ただ てつや)が若手技術者2人とともに新しいスポーツカーの担当に任命されたことで、本プロジェクトの企画立案が開始された。多田哲哉(ただ てつや)はこの時期に、ロードスターやRX-7の開発主査を務めたマツダの貴島孝雄(きじま たかお)から量販スポーツカーを開発することに関して「スポーツカーの開発はエンジニアのパッションで決めるもの」とアドバイスを受けており、後に貴島孝雄(きじま たかお)は本車の発表会に来賓として招かれている。そしてこの頃にトヨタからスバルへ、水平対向エンジンを使った低重心のスポーツカーの共同開発の提案が内々にあり、2007年中に外観はレガシィのまま、水平対向4気筒エンジンを搭載した低重心FR試作車が製作され、商品化した場合の採算性の検討も始まった。翌2008年初頭にはスバル側の開発責任者に増田年男(ますだ としお)が任命され、同年4月にトヨタとスバルは共同記者会見を開いて共同開発を正式に発表し、本格的に開発が始まった。開発を開始するに当たっては、廉価・軽量・低重心の車両を実現し、多くの人に直感的な走る楽しさを提供することができるよう、昨今のスポーツカーの開発においては走行性能の追求の点から常套手段となっている、四輪駆動・ハイパワーターボ・ハイグリップタイヤの3点セットを否定するところから着手した。嗜好性の高いスポーツカーを開発するため、開発するにあたっては、“Built by passion, not by committee!”(合意してつくるのではない、情熱でつくるんだ!)がスローガンとして掲げられ、通常のトヨタの開発手法とは異なる意思決定の仕組みが採用された。例えば従前の車両スタイリングでは、役員、営業、工場などの各部門の承認が必要な社内評価制度があるが、86の開発では多田哲哉(ただ てつや)が社長の豊田章男(とよだ あきお)に要望を出し、社内のスポーツカーユーザー200名の意見を取り入れながら少人数で決定した。この結果、超低重心の車体を強調したサイドビューや、獲物を狙う肉食系の動物をモチーフとし、知的で明晰な印象を与える「キーンルック」と呼ばれるフロントマスクのデザインが採用されている。また、豊田章男(とよだ あきお)自身もテストドライバー的な役割として開発中の本車に何度も試乗しており、これも異例なことであった。スバルは原則として毎年、年次改良されたモデル(アプライド◯)を全車種行っており86・BRZについてもこれらの年次改良が行われると考えられている。86(ハチロク)は、トヨタ自動車がSUBARU(旧社名、および開発当時・富士重工業)と共同開発し、SUBARUが生産、トヨタ自動車が販売するFRレイアウトのスポーツカーである。SUBARUからは姉妹車のスバル・BRZが販売されている。
















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
NOS  ←NOS 【2017年05月】の更新記事一覧 →グランドセイコー  グランドセイコー
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif