永遠の夢に向かってアメリカン・イディオット

 

アメリカン・イディオット

アメリカン・イディオット

















GreenDayAlbumsRanked.jpg


















Green Day #StillBreathing
















































アメリカン・イディオット(American Idiot)は、アメリカ合衆国のパンクバンド、グリーン・デイ(Green Day)の7作目のスタジオ・アルバムである。全14曲所収(アメリカ本国では13曲)。テーマは「反戦」。アルバム製作中に起こったイラク戦争に対するメンバーの激怒がオペラという形で表現されている。本来は、全く別のコンセプトで作られる予定(シガレット・アンド・ヴァレンタインというタイトルであったとされる[1])であったが、マスターテープの盗難に遭った。しかし、それらは再録せず一から作り直している。全米(Billboard 200など)全英(UK Albums Chartなど)、ともに1位を獲得。また、全米で5xプラチナム、全英で6xプラチナムを獲得するなど、大きな売上をあげた。『ウォーニング』以来4年ぶりとなる、バンド史上最長のインターバルを挟んで発表され、グリーン・デイの第二章の始まりを告げるアルバムとされる。短い曲を繋ぎ合わせた組曲形式の楽曲が2曲収録され、グリーン・デイの新境地を開いたアルバム。ローリング・ストーンの今作のレヴューが「Tell the truth: did anybody think Green Day would still be around in 2004?:正直に言うと、一体誰が2004年までグリーン・デイが生き残っていると想像しただろうか?」(この年は、1994年に発表したメジャーデビュー・アルバム『ドゥーキー』から10年目にあたる年である)という一文で始まっているように、今作を発表する以前のグリーン・デイに対する音楽関係者の評価は、グラミー賞は獲得したもののそれほど高くなかった。しかし今作は、アルバム全体がひとつのコンセプトを帯びて制作されている「パンクオペラ」として、今まで批判的だった人達を脱帽させる形となった。2005年には、グラミー賞のロック部門で最優秀賞を受賞している。また、2006年にはアルバムからの2ndシングル「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」でパンク史上初のグラミー賞の最高賞「最優秀レコード賞」を輩出した。『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、225位にランクイン。また、『ローリング・ストーン誌が選ぶ 2000s・ベストアルバム』では、22位にランクイン。夢を見て故郷を飛び出した主人公、ジーザス・オブ・サバービア(Jesus of Suburbia)と彼のもうひとつの人格、セイント・ジミー(St.Jimmy)との葛藤の日々を描く。アルバムの大部分の作詞を手がけたバンドのボーカリスト、ビリー・ジョー・アームストロングは、本作のコンセプトについて"自己破滅するのか、自分の倫理を選ぶのか、その選択"と述べている。収録曲「ジーザス・オブ・サバービア」「ホームカミング」は複数の曲を繋げて構成される形式の組曲となっており、これらは「パンクオペラ」と称されることがある[7]。本作収録の2曲は、それぞれ5部の構成を持った組曲となっている。

ウィアード・アル・ヤンコビック(“Weird Al” Yankovic)は、アメリカ・カリフォルニア州リンウッド出身のミュージシャン。パロディ音楽の第一人者として活動し、ヒット曲の替え歌やコミックソングを多数リリースしている。『Eat It』、『Poodle Hat』、『Mandatory Fun』の3枚のアルバムがグラミー賞最優秀コメディアルバム賞を受賞している。ヤンコビックはCDや公式サイトでも “Weird Al” Yankovic を名乗っている。「アル・ヤンコビック」という呼称は日本独自で、他国ではあまり一般的ではない。なお、“Weird Al”(ウィアード・アル)とは「おかしなアル」という意味である。

















STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif