永遠の夢に向かってオットー・リリエンタール

 

オットー・リリエンタール

オットー・リリエンタール
















ilienthalzeichnung_convert_20170502020630.jpg


















THE FLYING MAN 1891















































1891年 世界初滑空飛行(無動力) ドイツのオットー・リリエンタールがハング・グライダーで25mの飛行をした。

ドイツ人のオットー・リリエンタールは鳥の飛翔を彼の作った飛行機械に利用する事を研究しました。1877年鳥に似た凸面の翼をつけた固定翼のグライダーを造り、平滑翼よりも凸面翼の方がすぐれていることを立証したのです。1891年初めて自ら滑空に成功し、以後2000回以上の飛行を行っていますが、遂に滑空中に墜落し、それがもとで亡くなりました。しかし、彼の研究や飛行家としての評判は、初めての動力飛行を成功させたライト兄弟に非常な助けと勇気を与えたのです。オットーの本は、彼が鳥の飛び方、翼の形態、飛行時に鳥の翼に働く力等を調べ、グライダー設計に応用する為のデータを論じています。オットー・リリエンタール(Otto Lilienthal 、1848年5月23日 - 1896年8月10日)は、ドイツの初期航空工学(応用空気力学)発展に貢献した航空パイオニアの1人。ユダヤ系ドイツ人。およそ20年に及ぶ鳥の羽根による飛行を研究した上でジョージ・ケイリーによる考案のハンググライダーを実際に作り小高い丘から飛行する無数の試験を行い、その詳細な記録を採った事で知られる。この事から事実上ジョージ・ケイリーが確立した実験手法を引き継いだ功績を持つ。リリエンタールが滑空する様子を撮影した写真が雑誌や新聞に掲載され、飛行する機械が実用化される可能性について科学界や一般大衆へ認知させつつ好意的な考え方をするようになる下地を作ると共にライト兄弟が歩む道を開いた先駆者の一人。プロイセン王国ポメラニア地方アンクラムのスウェーデンから移住したユダヤ系の中流の家に生まれた。両親は8人の子をもうけたが、成人したのはオットー、グスタフ、マリーの3人だけである。オットーとグスタフは生涯にわたって様々なことを一緒に行なった。アンクラムの中等学校に学び、弟のグスタフ(1849年 - 1933年)と共に鳥の飛び方を研究して有人飛行の発案に魅了された。オットーとグスタフは外付けの飛行翼を制作したが、飛行に失敗した。その後2年間ポツダムの工業学校に通い、プロの設計技師になる前にシュワルツコフ社で訓練を受けた。彼はその後父親の意志に反し、ベルリンの王立技術アカデミーへ参加するつもりだった。1867年、初期の空気力学の実験を開始したが、普仏戦争に従軍したときに中断した。様々な技術系の会社に技師として雇われ、最初に取得した特許は採掘機に関するものだった。ヴェーバー社に雇われ、彼は空気力学の系統的な実験を開始し、アルプスの崖から飛び降りるためにオーストリアへ引っ越した。ドイツへ戻ると、1878年6月6日にアグネス・フィッシャーと結婚し、その5年後にはボイラーと蒸気機関を作る会社を設立した。1889年、オットーは『飛行技術の基礎としての鳥の飛翔(Der Vogelflug als Grundlage der Fliegekunst)』を出版した。妻はピアノと声楽を学んでおり、リリエンタールもホルンを演奏し、テノールのよい声で歌った。結婚後はベルリンに住み、4人の子(オットー、アンナ、フリッツ、フリーダ)をもうけた。


最期の飛行

1896年8月9日、前の週末と同様リノウの丘に向かった。その日はよく晴れていて、あまり暑くなかった(約20℃)。最初の飛行は通常のグライダーを使い、約250mを飛行。4回目の飛行中に失速し、なんとか体勢を立て直そうとしたが失敗し、約15mの高さから墜落。助手の Paul Beylich がリリエンタールを馬車に乗せて家まで運び、そこで医師の診察を受けた。第三頸椎を損傷しており、間もなく意識不明となっている。同日、ベルリンまで列車で運ばれ、翌朝には当時ヨーロッパで最も手術がうまいと言われていた Ernst von Bergmann の診療所に運び込まれた。そして4時間後(事故発生から36時間後)に死去。グスタフへの最期の言葉は「犠牲は払われなければならない(Opfer müssen gebracht werden)」だった。ベルリンの公共墓地に埋葬された。


ライト兄弟を刺激し、飛行機の開発に踏み切らせた

飛行実験のパイオニアとなったドイツの技術者で飛行研究家。コウノトリの飛翔を研究し、鳥のように羽ばたいて飛ぶことを考えていた。1881年からグライダーを製作して飛行実験を繰り返し、その総数2000回。そのグライダーは体重を移動してバランスを保つ方法でコントロールされていた。リリエンタールは翼のキャンバーの効果を立証したことでも有名。1886年には動力機関による飛行も計画されていたが、その前にグライダーで墜死してしまった。ライト兄弟にもっとも影響を与えたのもリリエンタールであることは間違いない。リリエンタールの墜死事故のニュースがライト兄弟を刺激し、飛行機の開発に踏み切らせた。またライト兄弟は、フライヤーの製作、実験にあたって、リリエンタールの飛行データを非常に参考にしている。リリエンタールの存在がなければ、ライト兄弟はなかったのではないだろうか、とも思わせる。1889年に発行した研究資料・実験記録『航空技術の基礎としての鳥の飛行』には、自然風中での実験により得た円弧翼のデータが含まれていた。ライト兄弟は、オクターヴ・シャヌートの手を経て一部が英訳されたこの本を入手し、彼らが「リリエンタールの表」と呼んだこの翼型データも利用して、1900年と1901年にグライダーを製作した。しかしながら、いずれも計算通りの十分な揚力が得られなかった。オットー自身も誤ったスミートン係数を使用しており、ライト兄弟もそれを根拠として使用したと思われるが、計算過程でその影響は打ち消されていたため、「表」の数値そのものは正しかった。ところが、はじめライト兄弟はこれに気づかず、次第に「表」の数値そのものを疑うようになり、結局、自分たちで風洞実験を行って正しいスミートン係数を得た。ただし、彼らも後には「表」が適用できる条件を正しく認識したようである。1909年9月、オーヴィル・ライトがドイツを訪れテンペルホーフ飛行場で飛行デモンストレーションを行った。その際にリリエンタールの未亡人を招待し、リリエンタールの功績に敬意を表し彼らへの影響を認めた。
















fliegeberg-otto-lilientha_convert_20170502021151.jpg
museum2_convert_20170502021131.jpg















STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif