永遠の夢に向かってリーリウム・ジェット

 

リーリウム・ジェット

リーリウム・ジェット
















Unknown-3_convert_20170501165723.jpg
















Lilium | Electric Vertical Take-Off and Landing Jet




































































都市交通を劇的に変化させる可能性

個人用の小型飛行機が街を飛び、高速移動を可能にする「空飛ぶタクシー」。そんな空飛ぶタクシーのプロジェクトの一つが、初飛行に成功しました。ドイツのLilium(リーリウム社)が開発中の電動飛行機のプロトタイプ「Eagle(イーグル)」です。Eagle(イーグル)は垂直離着陸が可能ないわゆるVTOL機で、垂直飛行と水平飛行を切り替えて運行することができます。プロトタイプの機体は2シーターですが、Lilium(リーリウム社)が実用化を目指しているのは5シーターの「Lilium Jet(リーリウム・ジェット)」。同社は2019年の有人飛行によるタクシーサービスの運用開始を目指しているのです。Lilium Jet(リーリウム・ジェット)の推進力となるのは、36個のダクテッドファン。電動モーターによって駆動されるこのファンは翼部分に装着され、フラップによって推力の方向を調整。このような切り替え機構により、通常のクアドロコプターの10分の1のエネルギーで飛行することができるのです。Lilium(リーリウム社)によれば、Lilium Jet(リーリウム・ジェット)の航続距離は300km以上。また速度も300km/hに達します。さらに離着陸に必要な土地もすくなくてすみ、運航コストも通常のタクシー程度に収まる……というのだから、まさに夢のような計画です。現在空飛ぶタクシーはAIRBUS(エアバス)やUber(ウーバー)も開発を進めていますが、近い将来には私達の便利な交通手段になりうるのでしょうか?



ドイツ新興企業Lilium(リーリウム社)は2017年4月20日(現地時間)、電気VTOL(垂直離着陸)機「Lilium Jet」のテストフライトが成功したと発表。

米軍のオスプレイの様に垂直離着陸ができ水平飛行もできる垂直離着陸機(VTOL機)を、なんと電気エネルギーでまかなうという世界初の電動VTOL機「Lilium Jet(リーリウム・ジェット)」が、見事に、オリジナルサイズでの初フライトに成功しました。最大時速300キロメートル&航続距離300キロメートルの小型電動ジェット機Lilium Jet(リーリウム・ジェット)は、滑走路不要で離着陸でき、排ガス問題や騒音問題とも無縁なので、近い将来の都市交通を激変させる可能性を秘めています。Lilium Jet(リーリウム・ジェット)が初フライトで、見事に垂直離着陸&水平飛行を成功させる様子は、以下のムービーで確認できます。Lilium Jet(リーリウム・ジェット)が置かれているドイツ・ミュンヘンの格納庫。「Lilium Jet(リーリウム・ジェット)は、垂直離着陸ができ、水平飛行も可能な世界で初めての電動飛行機です」と述べるのは、Lilium(リーリウム社)の共同創業者で最高経営責任者のDaniel Wiegand(ダニエル・ウィーガンド)。Lilium Jet(リーリウム・ジェット)は合計36個のジェットを翼に搭載する電気飛行機。ジェット燃料ではなく、充電した電気が動力源です。ジェットファンの向きを変えることで、垂直離着陸したり、水平方向に飛行したりできます。世界中から集まった40人を超える数のデザイナーやエンジニアが昼夜を問わずに開発してきたLilium Jet(リーリウム・ジェット)は、ついに初飛行の日を迎えることになりました。初フライトを前に、入念にジェットを点検しています。飛行テスト当日は、晴れ。地上に静止した状態のLilium Jet(リーリウム・ジェット)は……まるでヘリコプターのように、その場でゆっくりと浮上開始。見事に垂直離陸に成功しました。喜ぶ開発者たち。そして、ゆっくりと前進し始めるLilium Jet(リーリウム・ジェット)。ジェットの向きを変えて気流を変化させることで、狙い通り推進力を得ることに成功。ここからは小型飛行機のように飛行を開始。トップスピードは時速300キロメートル。大きく旋回して、Uターンにも成功。Lilium Jet(リーリウム・ジェット)の航続距離は300キロメートルとなっています。テスト飛行を終えて、Lilium Jet(リーリウム・ジェット)はゆっくりと垂直に着陸することにも成功しました。垂直離着陸できる電動飛行機の初フライト試験は完全な成功で幕を閉じました。「誰もがいつでも手軽に飛べること」を目標に、Lilium(リーリウム社)はドイツで生まれたスタートアップです。パーソナルVTOL機を身近な乗り物にするのがLilium(リーリウム社)の目的。垂直離着陸できるLilium Jet(リーリウム・ジェット)は、長い滑走路が不要で、さらには電気飛行機のため騒音問題もないため、ビルの屋上を使って離着陸が可能です。例えば、現在、マンハッタンからJFK空港まで55分かかるところが、Lilium Jet(リーリウム・ジェット)であればわずか5分で移動可能だとのこと。通勤に長い時間をかけている人であれば、毎日多くの余暇を生み出せるようになります。Lilium Jet(リーリウム・ジェット)はタクシーにも応用される予定。目的地をタップするだけで、わずか数分でLilium Jet(リーリウム・ジェット)を手配するという配車サービスならぬ「配ジェット」サービスが提供される予定です。Lilium(リーリウム社)によると、15分で12キロメートルしか移動できない自動車に対してLilium Jet(リーリウム・ジェット)は70キロメートル移動可能だとのこと。生活圏を30倍以上広げることができます。都会の喧噪を離れて田舎に住み、仕事の時だけ都会に出る、ということも十分可能になりそうです。電動のLilium Jet(リーリウム・ジェット)は排気ガスを出さず、音も比較的静かだとのこと。自動車からLilium Jet(リーリウム・ジェット)にシフトすれば、都市環境が良くなるはずだとLilium(リーリウム社)は訴えています。2013年にスタートしたLilium(リーリウム社)は、予定通りオリジナルサイズでのテストフライトに成功しました。今後は、2019年に最初の有人飛行試験を行い、2025年にオンラインでLilium Jet(リーリウム・ジェット)を予約できる配ジェットサービスの開始を予定しています。

テスト飛行に成功した「電動飛行機」スタートアップは何を目指すのか? 『WIRED』独版独占インタヴュー

















160511104437-04-lilum-jet-mountainflights-super-169.jpg
Lilium-Jet-London-Flight_convert_20170501165433.jpg
lilium-rooftop-landing-pad_convert_20170501165410.jpg
lilium-jet-01ik1_convert_20170501165653.jpg
160511104334-01-lilium-jet-super-169.jpg
















STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif