FC2ブログ

永遠の夢に向かって恋人がサンタクロース

 

恋人がサンタクロース

恋人がサンタクロース



108818_convert_20130921005951.jpg

201307031702334141_convert_20130921010130.jpg























『私をスキーに連れてって』


『私をスキーに連れてって』(わたしをスキーにつれてって)は、1987年11月21日に公開されたホイチョイ・プロダクションズ製作、原田知世主演の日本映画。『彼女が水着にきがえたら』・『波の数だけ抱きしめて』と続くホイチョイ三部作の第1作。

本作品内のスキー指導は、元アルペンレーサーの海和俊宏が行っており、劇中にも登場している。矢野の吹き替えで滑走しているのは、当時のトップデモンストレーターである渡部三郎。


ストーリー

某一流企業に勤める矢野文男は、会社では冴えない軽金属部の社員。ところがいったんゲレンデに出れば、誰もが舌を巻く名スキーヤーである。今日も会社を定時に上がり、仲間とクリスマススキーへ出かける。奥手の文男はなかなか女の子と喋れず、仲間が用意した女の子にも全く興味がない。

そこへ仲間のヒロコと真理子が、雪に埋もれている女の子を見つける。文男と泉と小杉が助け出すと、その娘に文男は一目惚れ。その雰囲気を敏感に感じたヒロコと真理子は、その娘と文男を強引にくっ付けようとする。娘は池上優といい、友人と二人でスキーに来ていたのだ。優と二人きりになれた文男だが、奥手ぶりは治らない。そこへ横槍を入れてきた泉は、連れてきた女の子を文男の彼女だと優の前で言い放つ。誤解した優は文男に嘘の電話番号を教えるが、二人は同じ会社の社員だった。


本作品が残した裏話・影響

当初、主題歌は原田知世が歌うとスタッフは考えていた。しかし原田が「ユーミン(松任谷由実)がいいと思う」と提案。これを馬場監督以下その他スタッフも了承し主題歌・挿入歌共に松任谷由実が担当した。

主役の矢野文男には当初俳優として売り出す予定だったスキーヤーが予定されていたがクランクイン寸前にしりごみし出演をキャンセル。急遽スキーができる俳優を探したがスケジュールが空いていて当時無名だった三上博史が抜擢された。

映画自体のクランクインは3月であったが、原田知世は角川春樹事務所との契約の関係上4月からの撮影参加であった。この時期がスキーシーズン終盤であったため、クランクアップできなかった場合はニュージーランドロケも考えられていたが、時期はずれの大雪が降り志賀高原での国内撮影だけで無事終了した。

劇中でクローズアップされているスキーブランドの「SALLOT」(サロット)は商品化も考え商標登録を行ったが、撮影が忙しいなどのため商品化には至らなかった。スタッフはのちに商品化をしておけばと後悔している。

劇中車は当初三菱自動車に協力要請を打診したが得られず、後にトヨタ自動車から協力を承諾されセリカGT-FOURに決まった。

出演者のほとんどがスキーを数回しかした事がない初心者であったが、現地での練習の結果、撮影の終わり頃には上達していた。なお最初に撮影されたゲレンデのシーンは、のちに流行した“トレイン走行”だった。

スタッフは映画のタイトルに関してかなり悩み当初の候補は「スキー天国」や「万座の恋の物語」などであった。発表直前に楽曲「わたしを野球に連れてって 」(Take Me Out to the Ball Game)からインスパイアされたタイトルに決定した。

叶姉妹の叶美香が旧芸名「玉乃ヒカリ」で出演していた。

次作映画『彼女が水着に着替えたら』パンフレットには、矢野と優のその後がコミカルに書かれている。あくまでホイチョイプロダクションのシャレである。

万座温泉豊国館に2012年7月20日に展示室がオープンした。各種ある展示コーナーの中に本作と「アルプスの若大将」関連の展示品がある。


社会的影響

スキーブーム


80年代前半からのスキーブームにより、1990年代前半にかけて数年間続いた。この当時の人気スキー場ではリフト・ゴンドラの待ち時間が数十分から1時間というのも珍しくなく、高速道路の渋滞や宿が取れないなどといったことも常態化していた。ブームの時期がバブル期に重なっていたこともあり、新スキー場が多数オープンし、既存のスキー場ではゲレンデの拡張や既存リフト・ゴンドラの架け替えなどが相次いだ。

万座温泉スキー場は湯治場から発展してきた経緯を持ち西武系のスキー場ではあったが、アクセスが悪い・標高が高く寒いといったイメージから若者に敬遠され気味だったスキー場であった。ブーム以降は若い人が少なかった同スキー場が一転して若いスキーヤーであふれる事となった。それまでは休日でも人が少なくゆっくり出かけても余裕の駐車スペースがあったが、ブームにより万座ハイウェーの料金所で、駐車スペース確保が困難であることを理由に表万座スキー場へ誘導される程であった。

スキー人口の増加に伴い、当時非常に高価であったスキー用品の低価格化が進みブーム以前は10万円程度だったスキーセットがディスカウントストア等で2万円程度になるなど安価で購入できるようになった。

本作品公開の6年後となる1993年に千葉県船橋市に日本初の大型屋内スキー場である「ららぽーとスキードームSSAWS」(通称「ザウス」)がオープン。ホイチョイ・プロダクションズによる『東京いい店やれる店』には同施設の評価が記されたが、2002年に閉鎖したのちに解体されている。


アマチュア無線

携帯電話が一般化していない当時アマチュア無線を仲間との連絡用に使用。便利さと機動力の高さがうまく表現されていたため本作をきっかけにアマチュア無線局が急増した。

急増ぶりは本作公開から3年後にコールサインが枯渇し、郵政省(現・総務省)の特別措置によってコールサインが追加されたほどだった。

しかし一方で無線従事者でない者がアマチュア無線機をスキー場で不法利用する例が増加したり、無線機器メーカーもあたかも免許不要無線機のように一時はレジャー雑誌にまでアマチュア無線機の広告を掲載していた。結果として不法無線局の増加を助長することにもなった。

出演者の中では沖田はアマチュア無線従事者免許所有者であり、劇中で使用されたトランシーバーはアイコムのIC-μ2・IC-28で「映画に出て来た無線機を」と指名買いされた。


4WD自動車

劇中にて雪道では4WDが2WDより断然良いといったイメージを与えるシーンがあり「スキーに行くには4WD」という
のを一般化させた。ただし当時は4輪駆動車の車種が少なくSUVといった言葉も無く、劇中でのゲレンデ付近の渋滞で映る車のほとんどは通常の乗用車であった。

劇中車のセリカGT-FOURは「スキーにセリカで行くのがオシャレ」と大人気となった。また「Naeba」や「APPI」などのスキー場オリジナルステッカーを車に貼るのも流行した。


トレンディードラマ

トレンディー性を特徴とする本作品は映画の題名の通り「彼女ができたらとりあえずスキーに誘う」や「ゲレンデで彼女を見つける」といった風潮を作り、ゲレンデでおしゃれをするといったことも生み出した。トレンディドラマブームはこの直後となる。


プリンスホテル

本作品では万座プリンスホテル・志賀高原プリンスホテルがロケ地として使われていたため、ゲレンデ前のホテルとしてプリンスホテルが不動のものとなったと考えられる。スキーブーム時にはゲレンデ前のプリンスホテルから客室の予約が埋まってしまうほど「西武系のスキー場ならプリンスへ」というのが一般化した。また西武系のスキー場はコースレイアウトが良い(リフトへの接続が楽である)と有名である。



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
姉の子供。  ←姉の子供。 【2013年09月】の更新記事一覧 →TOYOTA  CELICA  LB  TOYOTA CELICA LB
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif